FC2ブログ

江東の2閘門、日曜日に運転!

荒川下流域の情報誌である、「月刊ARA online」を久しぶりに拝見したら、気になるトピックをみつけました。
荒川ロックゲート・扇橋閘門が日曜に稼働」! おお、ついに!

FI2617844_1E.jpg両閘門とも、平日のみの運転で、日曜・祝日は通航できず、土曜に休みを取らないと、旧中川や北十間川に遊びに行ったり、もちろん閘門通過も楽しめず、ちょっと残念に思っていましたので、「ボートオーナーの要望が多くなり、お上も重い腰を上げたか!」と嬉しくなりました。

もっとも、この記事には、運転時間のみが記されていて、なぜか月日がどこにもなく、1日限りのものなのか、継続するのかすら判然としません。
まだ予定が決まらないのかしら、と少し不安にもなり、せっかくなので、荒川下流河川事務所・地域連絡課に電話で問い合わせてみました。

応対してくださった女性職員の方によると…
11月11日(日)のみの運転。
運転時間は記事のとおり、8:45~16:30。
注意していただきたいこととしては、終了間近の時間に内側(水位低下化区域)に入ると、反対側の閘門から出られなくなる恐れもあるので、早めの通航を心がけてほしい、とのことでした。

さて、ここからが重要です(笑)。

職員の方のお話を要約すると(ニュアンスに誤りがあるかもしれませんので、正確なところは、各自お問い合わせください)…「今回の運転は、日曜日の通行量調査もかねており、今後、日曜日の運転を継続するかどうかは、今回の結果を見て検討する」とのことです。

ということは、都内のボートオーナーである皆さんが、来る11月11日・日曜日、示し合わせて、大船団(笑)で2閘門を通航すれば、近い将来、毎日曜日の閘門運転が実現される可能性が出てくる…のではないでしょうか?
イヤ、大船団を組まなくてもいいですね、この日、1日の通航量が多ければよろしいわけですから。でも、いきなり閘室を埋め尽くすような、えらい数の艇が押し寄せたら、閘門の職員の方も、さぞビックリするでしょうね(笑)。
一回の通航量の記録を作るのも、面白いかもしれません。もちろん、事故のないよう、安全には充分お気をつけて!

艇長の皆さん、いかがでしょうか?
私は、都合のつく限り、ゼヒ馳せ参じたいと思っています!

(19年6月23日撮影)