FC2ブログ

綾瀬川の帰り道に

(『初めての綾瀬川…7』のつづき)
FI2617841_1E.jpg綾瀬川探索の帰途、目についたものを、いくつか集めてみました。

新水戸橋付近、河岸棒を何本か突いた繋留場所に、おや、ステキな特等席が(笑)。
しかし、カミソリ護岸を越えて、ここまでたどりつくのは大変そう…。


FI2617841_2E.jpg綾瀬水門から荒川に出たのですが、先ほども触れたように、干潮に向かう時刻とあって、水流の速度はかなりのもの。ご覧のとおり、水路にはさざ波が立ち、チャパチャパ音まで立てています。

充分に間合いを取ってから、水路の中央にまっすぐ艇が入るよう、慎重に舵を切ると、あとは吸い込まれるように、スーッと艇が持って行かれる感覚があり、あっというまに荒川へ。なかなかスリルがありました。
撮影地点のMapion地図


FI2617841_3E.jpg荒川を横断し、はす向かいにある隅田水門から、旧綾瀬川へ。以前も一度ご覧に入れましたが、写真は水門をくぐって、旧綾瀬川に入った直後、荒川側を見たところ。

左のカーブミラーの下をよく見ると、基礎護岸の角に、ずらりと防舷物が張られているのが見えます。以前からあったのでしょうか、通過は満潮時が多かったせいか、今回初めて気づきました。
ここは水上バス(東京水辺ライン)の航路なので、防護措置がとられたのでしょう。狭く、しかも水門の近くで曲がった水路とあっては、水上バスが護岸に接触する事故があっても、不思議ではありません。
撮影地点のMapion地図

FI2617841_4E.jpg…で、旧綾瀬川といえばやはり、隅田川との合流点にある、伊沢造船でしょう!

船台上に引き上げられた、台船と作業船の黒光りする船腹、トタン張りの建屋、クレーンのビームと、活気あふれる金属質の洪水に、意識を奪われっぱなしです!

FI2617841_5E.jpg隅田川から見たところ。建屋の張り出し部分や、電動ホイストなど、水面上に突き出た部分の多さ、至るところに積み上げられた資材類、イイですねえ!

以前は、マリーナの看板も掲げていたような気がしたのですが…止められたのでしょうか。お仕事ブネと密接な関係を持つ、このような風景も、都内の水辺ではもはや、貴重なものになってしまいました。
撮影地点のMapion地図


(19年9月16日撮影)

(『大横川南支川、ようやく完走…1』につづく)