FC2ブログ

初めての綾瀬川…6

(『初めての綾瀬川…5』のつづき)
FI2617837_1E.jpg左手の護岸と塀越しに、東京拘置所の巨大な建物が見えてきました。

小菅といえば…などと書くと語弊がありますが、放射状に舎房が並ぶ、特異な外観も手伝い、やはり圧倒的な存在感がありますね。


FI2617837_2E.jpg拘置所の敷地を過ぎると、河道は東へ曲がります。バルコニーが2ヶ所ある橋は、伊藤谷橋。

東武伊勢崎線の小菅駅から、常磐線の綾瀬駅までを結ぶ道を渡します。



FI2617837_3E.jpg伊藤谷橋のすぐ上流には、常磐快速線と、地下鉄千代田線の鈑桁橋が平行して架かっています。

水深は充分あり、見通しも良いのですが、う~ん、何か物足りない感じが…。護岸の改修が、比較的最近に行われたせいでしょうか、船着場の跡ひとつ見られません。
撮影地点のMapion地図

FI2617837_4E.jpg五兵衛新橋、都道467号・千住新宿町線を渡す橋です。

しかし、綾瀬川の下流部は、斜めに架かっている橋が多いですね。この橋のように、微妙な傾き具合だと、平衡感覚が狂ってきそうな感じすら受けます。いや、傾いているのは、私の方なのでしょうか? 自信がなくなってきた…(笑)。

FI2617837_5E.jpg五兵衛橋。ここまで走ってみて…やはり、橋名が書かれた橋が少ない、というのは、結構なストレスになるなあ、と思いました。

護岸がきれいに統一されていて、景色が変化に乏しく、また橋も、水面から見上げたときの特徴が少ない、桁橋ばかりというのもあるでしょう。
また一つ橋をくぐって、着実に進んでいる…という実感が薄く、そのせいか、えらく長い距離を走ったように錯覚したほどでした。
撮影地点のMapion地図


(19年9月16日撮影)

(『初めての綾瀬川…7』につづく)