FC2ブログ

初めての綾瀬川…5

(『初めての綾瀬川…4』のつづき)
FI2617835_1E.jpg荒川と別れて初めての橋、中の橋を上流側から。桁側面に書かれた橋名は、すっかりかすれて、判読が困難なほどです。

下流部の橋だけ見て、判断するのは良くないとは思うものの、私が見た限りでは、綾瀬川の橋は橋名が書いてあるものが少なく、他の川の橋にくらべて、今ひとつ愛想がないように感じました。

FI2617835_2E.jpg首都高中央環状線と、6号三郷線が分岐する、小菅ジャンクションの下に架かる橋は、平和橋通りを渡す、新水戸橋。

もっとも下流側からは、赤い桁の人道橋と、トラスの水管橋にさえぎられて、新水戸橋はほとんど見えません。
撮影地点のMapion地図


FI2617835_3E.jpg上流側から見た新水戸橋。ここの地図を見ると、小菅ジャンクションが頭上につくる、三角形のほぼ真ん中に橋が収まっており、幾何の授業で見せられた図形を思い出します。

このあたり、繋留船がぱらぱらと見られますが、ここから上流は、船影が全く絶えてしまいます。そのわけは…まあ、コレ(下写真)があるからだと思うのですが…。

FI2617835_4E.jpg「ものすごく低い橋その①」、水戸橋です。

桁をかなり中高にして、舟航は考えてはあるものの、両端の路面は完全に計画高水位の下にあり、コンクリート堤防を割って、道が通っています。増水時は、陸閘(防水扉)で塞がれる構造なのでしょう。

この橋、かつてのメインストリート(都道)にあたり、創架は明治34年と古く、現在の鋼桁橋は、昭和30年に架けられたものだとか。
コンクリート製の橋脚を、鋼材で頑丈に補強してあるのを見ても、水没したときの流圧の激しさがしのばれます。
(参考:『写真で見る江戸川の横顔Ⅱ 今月の特集:綾瀬川の今昔を追う月刊Web広報誌E-na

FI2617835_5E.jpgご覧のとおり、相当な低さではありますが、特に恐怖感もなく、余裕しゃくしゃくでくぐりました。

通過時間は10:54、推算潮位は121㎝で、2m弱と見える桁下高がとれるのなら、江東内部河川の低い橋たちにくらべれば、何ほどのこともありますまい!(と、得意げになるほどのことじゃないですね、ハイ)
撮影地点のMapion地図


(19年9月16日撮影)

(『初めての綾瀬川…6』につづく)