FC2ブログ

初めての綾瀬川…2

(『初めての綾瀬川…1』のつづき)
FI2617832_1E.jpg背割堤の上には、白雲の流れる青空ばかりが広がり、建物の姿が見えないため、左だけ見ていると、まるで大陸の中を走っているよう。

まあ、背割堤の向こうは荒川なので、建物がないのは当然ではありますが、こうしてここだけ切り取ってみると、都内の川とは思えない風景です。

FI2617832_2E.jpg木根川橋に差しかかりました。う~ん、写真の上がりが今ひとつ…。

実は、室内で撮影した後だったので、露出補正をかけたまま、元に戻すのを忘れてしまい、光量過多のものが多くなってしまったのです(泣)。若干マシな写真は、予備として持ってきた、旧型機で撮ったものです。
ただでさえ、写真の腕が良くないのにと、帰宅してから愕然としましたわ…。
撮影地点のMapion地図

FI2617832_3E.jpgこのコンクリート桁橋は、京成押上線・綾瀬川橋梁…でいいのかな?

荒川と綾瀬川を渡る橋は、一本として扱われることが多いので、このあたりよくわかりません。このすぐ右には、四ツ木の駅があります。
撮影地点のMapion地図

FI2617832_4E.jpg手前が新四つ木橋、その向こうの3径間の桁橋は、四つ木橋です。

新四つ木橋を渡った墨田区側は、江戸時代の運河・曳船川が道路化された、曳船川通りです。荒川が開鑿される以前、曳船川は、ほぼこの橋のルートを流れていたのでしょう。

FI2617832_5E.jpg国道6号線・水戸街道を渡す、四つ木橋。
ちょっと古い雰囲気の橋台地と、リブの多く出た鈑桁がいい感じです。

この橋の荒川側は、かつてたくさんの橋脚を持った、長大な木製桁橋でした。架けかえられる直前、昭和44年の旧四つ木橋の写真は、「旧四つ木橋撤去工事が始まる」(墨田区HP写真で見るすみだの風景)で、見ることができます。
撮影地点のMapion地図


(19年9月16日撮影)

(『初めての綾瀬川…3』につづく)