FC2ブログ

初めての綾瀬川…1

9月16日は、まだ一度も訪ねたことのない、綾瀬川を訪ねてみました。
正確には、荒川と平行している部分…綾瀬水門から下流は、通ったことがあるのですが(過去の記事『9月2日の川景色…2』参照)、詳しいご紹介はまだでしたので、今回まとめてご覧に入れることにします。

FI2617831_1E.jpg今回の出発点は、4回目の登場となる、毎度おなじみ中川水門から。
まだ台風の爪あとも生々しく、その後も数度の大雨に見舞われて、川も増水気味のところへ加え、干潮に向かう時刻に通過したので、荒川に向かって流れる水流は音を立てて渦を巻き、濁流そのもの。いつになく迫力ある表情の水門を、捉えることができました。
撮影地点のMapion地図

実はこの日、以前から、攻略を予定していた水路がありました。
ただ、そこが東京湾を経由しなければならない場所だったため、この日の10mを超える強風下、しかも南風では、東京湾奥の常で波浪がひどく、木っ端ブネにとっては極めて難しい海況…。で、急遽、行き先を綾瀬川に予定を変更したのですね。

日中の潮位は比較的高く、(海上保安庁・9月16日の潮汐推算曲線参照)浅い水路を攻めるには、格好の日だったのです。
一方、綾瀬川はというと…。下流部に、路面が計画高水位以下という、極端に低い橋があると聞いており、この日の潮位では、あまり遡上できないだろうと思うと、ちょっと萎え気味でしたが、未踏派の水面と、その低い橋への興味もあって、かつしかハーブ橋の下へ舵を切りました。

FI2617831_2E.jpg上平井水門(全景は過去のタイトル参照)をくぐり、中川との合流点から、綾瀬川へ進入。

荒川の一面に三角波が立つような、「天気晴朗なれど波高し」、の厳しい状況にもかかわらず、中川からはボートやPWCが船団を組んで、次々と出てゆきました。
波騒ぐ水面に、爆音とウェーキが交錯し、勇壮な光景です。事故の無いよう、どうかお気をつけて!

FI2617831_3E.jpgかつしかハーブ橋の真下にもやうコレ、以前からものすごく意識している物件です! なんと、超小型の浮きドック!

プレジャーボート向けの、簡易な浮き船台は市販されていますが、こちらは小さいながら、本式の鋼製の箱、「船渠」と呼んでみたくなるゴツイ造作で、もうシビレます!
できることなら、ぜひ一回ドック入りしてみたいです…。
撮影地点のMapion地図

FI2617831_4E.jpgこのあたりの綾瀬川は、緑の芝が美しい背割堤と、首都高の高架にはさまれた、青空の似合うまっすぐな水路です。

堤防一つ隔てた荒川は、白波くだける(大げさかな?)強風下ですが、こちら綾瀬川は水路幅が狭いおかげか、だいぶ穏やか。以前も書きましたが、荒天時の避航路としては、実に好環境です。

FI2617831_5E.jpg上の写真にも写っていますが、この山吹色に塗られた鋼アーチは、東四ツ木避難橋なる、スマートな身なりの割には、何か身もフタもない(?)名前の橋です。

おや、地名は「東四つ木」なのに、橋は「東四ツ木」…ですね。そう言えば、近くにある京成線の駅名も「四ツ木」です。
なぜでしょう?
撮影地点のMapion地図


(19年9月16日撮影)

(『初めての綾瀬川…2』につづく)