FC2ブログ

横浜の川をめぐる…2

(『横浜の川をめぐる…1』のつづき)
FI2617812_1E.jpgヨットハーバーの横を過ぎると、造船所が見えてきました。

二つのインクライン式船台の上には、それぞれ、バージと曳船が引き上げられているのが見えます。船底を塗装しているのでしょうか。

ちなみに、堀割川は、中村川から分流して根岸湾に注ぐ、全長2.7kmの二級河川で、水運路の開発と、湿地埋め立て用土砂の確保を兼ねて開鑿、明治7年(西暦1874年)に完成したそうです。(Wikipedia『堀割川』参照)

手元の史料に良いものがないので、細部に不明な点があるのがもどかしいのですが、おそらく横浜開港直後から、外港というか、補助泊地としての根岸湾が、注目されていたのではないでしょうか。
そうでなければ、わざわざ低い丘陵を掘り割ってまで、艀船路の疎通をはかることは、ないと思われるからです。

昭和4年に発行された地図を見ると、堀割川河口には、かぎの手に防波堤が伸び、周囲には埋立地が広がりつつあるのが描かれており、戦前すでに、相応の港湾設備があったことがわかります。
もちろん現在は、根岸湾も横浜港の一部となっています。

FI2617812_2E.jpg首都高湾岸線の下から、JR根岸線鉄橋を望んだところ。

このあたりは、曳船や台船の姿も見える船溜り。先のヨットハーバーや、造船所の存在もあって、河口港の雰囲気が濃く漂います。
撮影地点のMapion地図


FI2617812_3E.jpg埋立地らしい風景から、次第に民家やマンションなど、生活感のある街並みが目につくようになると、本来の第一橋が見えてきました。本牧通りを渡す、八幡橋です。

右手奥に見える台船や、左のクルーザーの向こうで、釣りをしている人を計3人発見、さっそく緊張させられましたが、デッドスローで走っていたせいか、とくにお咎めなし。

FI2617812_4E.jpg八幡橋をくぐった直後から、雰囲気は一変します。いや、こちらが本来の堀割川と言うべきでしょう。

果てしなく続く、傾斜のついた石積みの護岸、そして点々ともやう船、フネ。比較的近い地面に加え、両岸には道が平行して視界は広く、街中の水路としては、恵まれた環境にあると言えるのではないでしょうか。

さえぎるもののない頭上に、川に沿うようにして並ぶ浮雲たちが、いかにも夏らしく、開放的な気分を盛り上げてくれます。
石垣護岸の味わい、フネブネのいる生きた水路…いや~、さすが横浜! 来てよかった…。
撮影地点のMapion地図

FI2617812_5E.jpgぎらぎらと容赦なく照りつける太陽の下、やはり癒されるのは、こんもり茂った緑したたる木々。
こちらは、八幡橋の名前のもとでもあるのでしょう、八幡神社の杜です。

川面から沿岸を眺めていると、緑のあるところは、まるで大海にある島のように目立ち、しかも大抵は神社仏閣であるため、橋に次いで、位置確認には欠かせない目標なのです。

昔の回船乗りは、船とかかわりのある神社の沖を通るときは、帆を半ばまで下げるという、「船の挨拶」をして敬意を表したそうで、ぜひ一度やってみたいのですが、あいにく我が艇には、帆がありません…。


(19年8月12日撮影)

(『横浜の川をめぐる…3』につづく)