FC2ブログ

松川を棹舟でゆく…2

(『松川を棹舟でゆく…1』のつづき)
FI2617807_1E.jpg舟は松川茶屋を離れ、まずは上流へ向かいます。船頭さん持参のラジカセから、静かに流れるBGMは、「春のうららの…」でおなじみの「花」。さすが、滝廉太郎ゆかりの土地だけあって、粋な選曲です。

両岸は緩傾斜の土手に玉石の護岸、桜並木も続き緑豊かで、大都市の中心部を流れる川とは思えない風景です。
撮影地点のMapion地図

FI2617807_2E.jpg城址公園をかすめる河道は、生い茂る木々のおかげか、川面を渡る風も涼しく、汗が引いてゆくのがわかります。

護岸の段差に、放心しているように立っている、アオサギ(?間違っているかも)君を発見。我々を認めると、やけに人間臭い動作で、もさもさと土手を登って逃げてゆく姿が、妙におかしく、一同大笑い。


FI2617807_3E.jpg最初の橋が見えてきました。県庁のある新総曲輪と、城址公園を結ぶ、七十二峰橋です。

高欄に、ガラスの美しい装飾が施されたこの橋、名前のとおり立山七十二峰が望めるとか。本当かな?
撮影地点のMapion地図

FI2617807_4E.jpg左手には、湾入状につくられた、城址公園の水辺が広がります。舟で訪れて、ここでお弁当を広げたりしたら、楽しいでしょうね。

写真を取るタイミングを、逃してしまいましたが、写真中央奥にチラッと見える赤いものが、庭園内の泉水に架かる橋、景雲橋。
船頭さんによると、これからくぐる松川の橋たちと、この景雲橋を含めて「松川七橋」とのこと。くぐれない、見るだけの橋が含まれているとは、ちょっと意外でした。

FI2617807_5E.jpg次に近づいてきた橋は、安住橋。富山城の別名、安住城より名前をいただいたそうです。

この橋、昭和8年に建造されたコンクリートアーチ橋で、ぜひ見たかった橋のひとつなのですが、両脇に増設された、歩道の桁橋部分が大きく張り出しており、本体は陰になって、ほとんど見ることができませんでした。しかも惜しいことに、近々取り壊しの予定だそうです。
昔の写真を見ると、日本橋川の錦橋(過去の記事『日本橋川…8』参照)を豪華にしたような、なかなか味のあるデザインの橋でした。
撮影地点のMapion地図

(19年8月8日撮影)

(『松川を棹舟でゆく…3』につづく)