FC2ブログ

回船問屋のある街…1

(『富山港展望台』のつづき)
FI2617794_1E.jpg町内各所に設けられている、ご覧の観光地図のコースほぼそのままに、岩瀬浜駅、運河、展望台とたどり、「回船問屋群のあるまちなみ」、岩瀬大町通りに向かうことにしました。

ここには、現役当時のままの建物を、博物館として公開している「森家」があります。


FI2617794_2E.jpg庭木の緑と、板塀の黒のコントラストが美しい、大町通りの風景です。

後で、森家の学芸員の方に伺ったところでは、明治10年ごろに大火があり、現在の街並みは、それ以降に再建されたもの、とのことでしたが、江戸時代の面影は十二分にあり、保存状態もよく、豪壮な商家建築群を堪能することができました。
かつては、この家並みのすぐ後ろが、神通川に面していたそうです。
撮影地点のMapion地図

FI2617794_3E.jpg森家の近く、大町公園には、ブロンズで造られた北前船(うるさいことを言うようですが、正確には『北前型弁才船』)の模型が飾られており、嬉しくなりました。

説明書きによると、12分の1縮尺をうたっていたものの、帆装や舵などは総じて小さめな上、反面、船体がやたら肥えた形に造られていたので、デフォルメモデルとでも言うべきものでしょう。
しかし、ブロンズ像としてはディテールが非常に細かく、索具類も正確に描写されており、一部に洋式帆装を取り入れた、明治中期の弁才船の雰囲気は、よく表現されているように思えました。

FI2617794_4E.jpgううん、北前船の模型に気を取られて、森家の外観を撮るのを忘れてしまいました(泣)。外観は、「北前船回船問屋 森家」(富山市HP)でご覧くださいね。

写真は最初に通された、「オイ」という、囲炉裏の切られた部屋の吹き抜け。能登材を使っているそうで、百数十年の間、囲炉裏からの煙でいぶされた梁は、つややかに黒光りしており、素晴らしい構造美を見せてくれました。


FI2617794_5E.jpgこちらは、三つある「ヒカエノマ」の一番奥から、通り側を見たところ。
窓が開け放たれ、ふすまや障子がはずされた室内は、冷房がなくても充分に涼しく、夏に強いこの種の日本建築の長所を、思い知らされた気分でした。

欄間の透かし彫りや、鴨居の釘隠しの飾り、どれを取っても歴史を感じさせるものばかりで、自然と背筋が伸び、座るときは正座してしまうほどでした。


(19年8月8日撮影)

(『回船問屋のある街…2』につづく)