FC2ブログ

見明川…2

(『見明川…1』のつづき)
FI2617758_1E.jpg旧江戸川から、約500m入ったこのあたりで、河道は東に曲がり、あとは海まで一直線です。

一見、水管橋のようなこの橋、上端に小さな窓を開けた箱状の覆いが付いて、ちょっと異様な雰囲気です。送電線が収められているようでした。
撮影地点のMapion地図

FI2617758_2E.jpg箱状の橋の手前、西岸には、写真のような親水施設が。

ちょっと見た限りでは、船着場のような雰囲気ですが、岸にはご覧のとおり砕石が積まれており、船を横付けすることはできません。
でも、子供たちがカニや小魚を探して遊ぶには、絶好の環境ですね。

FI2617758_3E.jpg国道357号線の上下線、首都高湾岸線と3本の橋が架かる地点。

加えて、湾岸線の浦安出入口も渡っているので、かなりの幅の日陰が期待できそう…(笑)。何しろ空梅雨の真夏日、橋の影は、さえぎるもののない水路の、貴重な納涼スポットなのです。

FI2617758_4E.jpgこの付近は、写真のような小さな樋門が、いくつか散在しています。おそらく作動時に点灯するであろう、黄色い回転灯がユーモラス。

やはり砂州をかさ上げした土地、排水にはさぞや気を遣って…などと、短絡的なことを考えてしまいますが、実際はどうなのでしょうか。

FI2617758_5E.jpg湾岸線の下流側東岸にも、先ほどよりもう少し規模の大きな、法面を持つ親水施設があります。

こちらでは、玉網を持った子供たちが、しきりに水面をのぞき込んで、魚採りに興じていました。
撮影地点のMapion地図


(19年6月23日撮影)

(『見明川…3』につづく)