FC2ブログ

中川…3

(『中川…2』のつづき)
FI2617744_1E.jpg工事中の中川橋の、すぐ上流に架けられた仮設橋です。

工事が長期に渡ったためでしょう、仮設橋とは思えない立派さです。工法も、船舶通航のさまたげになるような、水面から足場を立ち上げたりしないやり方が、採られたようですね。

FI2617744_2E.jpgJR常磐線、中川橋梁。

周囲の風景が開けているだけに、ここに上路式の、トラスやアーチ橋があったら、良い目標になったことでしょう。
撮影地点のMapion地図


FI2617744_3E.jpg一径間ごとに、わずかな湾曲を持たせた、独特の雰囲気がある水管橋。

写真左には、中川水再生センターがありますから、処理水を送るためのものでしょうか。
撮影地点のMapion地図


FI2617744_4E.jpg水管橋の橋脚が、ちょっと心惹かれるカタチをしていたので、一枚撮影。
グァム島にある石の遺跡、「ラッテ・ストーン」を思い出しました。

走りやすく、明るい水路に、気が抜け気味(笑)になりがちですが、東京近郊では、プレジャーボート密度の最も高い川ですので、頻繁に船の往来があるため、他艇と行き合うたび、適度に緊張感がよみがえります。




FI2617744_5E.jpg桁下を高く取ってあるせいか、どことなく風格のある鋼桁橋、飯塚橋。

古くからこの地域の、交通の要衝であり、昭和30年までは渡し場があったとのこと。現橋の開通は、平成6年だそうです。
(Wikipedia『飯塚橋』参照)
撮影地点のMapion地図


(19年5月27日撮影)

(『中川…4』につづく)