FC2ブログ

隅田川のんびり遡航…4

(『隅田川のんびり遡航…3』のつづき)
FI2617736_1E.jpg千住汐入大橋(『大晦日の川景色』参照)をくぐったところにある、東京水辺ラインの、千住船着場です。頑丈そうなポンツン桟橋は、災害時の輸送拠点としても期待されているのでしょう。

桟橋の向こうに見える、ねじり棒みたいなモノは…何のオブジェでしょうか?
撮影地点のMapion地図

FI2617736_2E.jpg千住の屈曲区間を曲がり切ると、大きなプッシャーバージが、勇ましく引き波を立てて下ってきました。
鯨の頭のような、黒い船首を先頭にして水を押し分けるさまは、被曳船(ひかれぶね)とは、また違った魅力があります。

これもやはり、中央防波堤埋立地に向かうのでしょうね。

FI2617736_3E.jpgトラスの構造が交錯して、写真に撮ると、かえって見づらくなってしまうのですが…。手前が、地下鉄日比谷線隅田川橋梁。向こう側が、JR常磐線隅田川橋梁です。

常磐線の橋は、最近まで、昭和2年完成の古いものでしたが、平成14年ごろから架け替えられ、長らく工事中でした。今は、工事もすっかり終わったようですね。

FI2617736_4E.jpgこれも残念ながら、あまり絵にならない…と書くと、ちょっとかわいそうですね。千住大橋です。家康入府時、ここに、隅田川最初の橋が架けられました。

昭和2年に架け替えられた、鋼タイドアーチの旧橋は、上り線専用に増設された新橋と、工業用水の水管橋に挟まれて、窮屈そうです。
なお、旧橋の桁下高は意外と低いので、ハードトップやマストのある艇の方、通過の際はご用心を!
撮影地点のMapion地図

FI2617736_5E.jpg千住大橋を過ぎてしばらくすると、西側に見えるのが、キリンの首のように、長々と伸びたコンベアが、船足をずっしり沈めたバージに、砂のようなものを積み込んでいるところ。
堤防の向こうは、三河島水再生センターです。かつては、下水処理場と呼ばれていた施設ですね。

処理場から出てくるものといえば、下水の汚泥を、焼却処理した灰かしら…と思ったら、「三河島水再生センター」(東京都下水道局)を読んでみると、「発生した汚泥は砂町水再生センターへ圧送し、処理」している、とあります。さて、これは何なのでしょう。
いずれにせよ、豪気(?)な舟運シーンが見られるので、私にとっては、ちょっと楽しい場所なのです。

(19年5月4日撮影)

【5月31日追記】千秋さんのブログ「◆筆の向くまま 気の向くまま 勝手気ままに 徒然雑記◆」「隅田川に架かる橋」にトラックバックさせていただきました。

(『隅田川のんびり遡航…5』につづく)