FC2ブログ

東京の水路探索に絶好の資料が!

FI2617731_1E.jpg以前、ウェブ上をうろついてたら、東京の水路探索や、土木に関心のある方の研究にも役立つ、絶好の資料があるのに気づきました。

すでに先日、「新呑川…5」のコメント欄で、はじめさんとお話した時に、ちょっと触れましたので、ご覧になった方もおられるかと思いますが、大変興味深い資料ですので、改めてご紹介します。

平成17年度 基幹的広域防災拠点のネットワーク化に資する河川舟運の活用に関する調査研究 報告書」という、実に長いタイトルでもおわかりのように、直下型地震など、大規模災害が首都圏に起こった際、河川水運をいかに役立てるか、というテーマのもと、水路の状態や船腹量など、現状を調査して報告、提言を行ったもので、平成18年3月の発表となっています。

以前、リンク集でもご紹介した、「船舶の河川航行に関する調査研究報告書」(日本財団 図書館)と同じく、社団法人・日本海難防止協会によるもので、やはり日本財団の助成によって作成された、言わば続編的なものと言って良いでしょう。
ファイルは以下のとおりです。すべてPDFで、容量がかなりあり、また、一部の図版には大きな判型のものがあるため、ご注意ください。(『その1』~『その3』は、私が便宜上つけたものです。)

その1(9.39M)表紙・目次など6ページ+1~311ページ
その2(14.27M)312~381ページ
その3(571.6K)383~391ページ+結言1ページ

土木や船に興味のある者にとっては、面白い記事ばかりなのですが、この中で、特に関心を持ったのは、「その1」の、39~106ページにある、河川や運河の図版集でした。

1河川に1ページで、ごくラフなものながら、まず図版で位置と区間、船着場があればその場所を示し、図版下の表組で、水深・橋梁桁下高さ・可航幅、それに船着場の名称、特記事項を明記しています。

なお、水深の値はA.P.±0m基準、橋梁桁下高さは最高潮位であるA.P.+2.1m基準、可航幅は原則として川幅ですが、橋脚がある場合はその間隔、となっています。ただし、水深については、「データ上水深1m未満」とされている場所も、航路幅すべてがそうなのではなく、一部に浅い部分がある、というだけの場合があるようです。

というわけで、軽く興奮しつつ(笑)読み進むうち、「おや、そうだったのか!」「う~ん、過去の記事を訂正しないと…」と、喜んだり、眉間にしわを寄せたりする下りが、続々と出てきました。
(過去の記事の追記・訂正については、必ずやりますので、しばらくお待ちくださいね!…笑)

例えば、名称だけ拾ってみても、過去の記事「昭和島をめぐる…1」で、平和島運河の一部と思っていた、北方の水路は「ガスミオ運河」(77ページ)、海老取川の北半分(上の写真)、航路幅のある区間は「海老取運河」(76ページ)、それになんと、船の科学館南側、宗谷と羊蹄丸のもやう水面が、「有明南運河」(75ページ)などなど、まあビックリというか、意外な事実の連続でした!

これも、管轄の官庁に問い合わせれば、すぐに判明することなのかもしれませんが、やはり、ウェブ上で、誰でも見ることができるようにした意義は、非常に大きいと思います。

ちょっと驚いたのは、外部から船が入ることのできない河川である、新川(55ページ)が、航路として収録の対象になっていること、また、小名木川の東半部ほか、江東区の水位低化河川が、実際の水位を考慮されておらず、「最小水面上高さ1.1m」などと書かれ、しかも「その他」欄に、特記事項のないことでした。

新川の記事を見たとき、「やっ、近いうちに、航路として開放する予定でもあるのかな?」と、ヘンな期待をしてしまいました(笑)。まあ、単に、実地に調査したわけではなく、治水上のデータを見て収録した部分もある、ということなのでしょう。

江東区の部分については、凡例に記された、A.P.高を規準とした表記から見れば、確かに間違いではありません。しかし、いざ震災となったとき、「ここは船が通れそうもない」と思われては、それこそ、この報告書の本来の目的から見ても、愉快ならざることでしょうから、ぜひご一考いただきたいと思います。

私は現在、とりあえず、「その1」の39~106ページをプリントアウトして、製本して使っています。
冊子にすると実感するのが、河川図をページ立てした順番が、ランダムと言っていいほどで、少々使いづらいことです。せめて地域別になっていれば、と思ったのですが…。

そこで、巻頭ページにある、「収録河川・運河名」の表に、ノンブルを自分で入れて、インデックスとしてみました。表中の河川名は、ほぼページ立てと同じ順番になっているので、ノンブルを入れると目次になります。お試しください。

まあ何より、本来意図された目的とは、全く違う方向で活用するという、よこしま(笑)な使い方をするわけですから、少々の難点は、ガマンしなければなりますまい。

川や運河を走るという、趣味を始めてからこの方、参考になる本や記事というのは、ほとんどが釣り(ボート雑誌の記事にしても、釣り関連が多いです)か、土木関連の本の中にポツポツ現れる、役に立ちそうな記事…言ってみれば、「おこぼれ」を、丹念に拾い集めてなんぼ、というのが当たり前でしたので、むしろ、このくらいの手間でものになる資料なら、ありがたいくらい、というのが正直なところです。

ともあれ、河川の図版以外にも、東京の河川を走る船舶リストなど、その筋の愛好家には、楽しめること請け合いな記事が、盛りだくさんの報告書です。ぜひご一読をお勧めします。

最後になりましたが、この報告書を作成された、社団法人・日本海難防止協会の方々、助成・発表された日本財団に、敬意を表したいと思います。ありがとうございました。

(写真は海老取運河、19年4月29日撮影)

【5月27日追記】5段目、花畑川が通船できない、というのは誤りですので、お詫びして訂正します。