FC2ブログ

ふたたび水郷へ!…4

(『ふたたび水郷へ!…3』のつづき)
FI2617716_1E.jpg加藤州用排水機場です。正面に掲げられた、抜き文字の書体が独特で、ちょっと懐かしいような感じがして、昨年から気になっていました。
建物は、築40数年といったところでしょうか。その割にはさっぱりとしていて、大切に使われているさまが見て取れます。

ところで…ここでは「加藤州」と表記されていますが、地名は「加藤洲」のようですね。どちらが正しいのでしょう?
撮影地点のMapion地図

FI2617716_2E.jpg新左衛門川から与田浦に出て、西に進みます。
途中、船頭さんが、北岸に見える青い小屋を指差して「船大工の仕事場です」と言いました。観光用サッパの製作や、修繕を担当する、小さな造船所だそうです。

サッパ専門の船大工さんも、ここと、あと一軒しかないとのこと。水郷名物の、おんな船頭さんが動かすサッパも、船頭・船大工ともに後継者が乏しいことから、やはり、さまざまな不安があるようです。

FI2617716_3E.jpg昨年乗船した乗り場のある、水生植物園の近く、与田浦と大割閘門を結ぶ水路の、入り口に来ました。

ここも、新左衛門川に劣らず、いい雰囲気の水路なんですよね。
撮影地点のMapion地図


FI2617716_4E.jpg水路の入り口には、踏切のような遮断機が…。

どういった時に、通行止めになるのでしょうか。





FI2617716_5E.jpg初夏の風薫る、緑と水豊かな風景を愛でつつ、常陸利根川へ。
こちらの水路は、サッパだけでなく、一般のボートも通ることができるので、ご覧のようなバス釣りボートとも行き合います。

この途中、アッと驚くような発見(まあ、私にとっての、ですが)があり、サッパを降りた後、興奮して取って返すはめになりました。
その報告は、また後日に…。
撮影地点のMapion地図


(19年4月30日撮影)

【5月17日追記】水位調整された水郷の人為的な水空間」(前川道博HP)によると、この水路の名前は「大割水路」だそうです。

(『ふたたび水郷へ!…5』につづく)