FC2ブログ

4月15日の桟橋

(『4月15日のフネブネ…熱狂編!』のつづき)
FI2617695_1E.jpg小型船舶の繋留に便利な、ポンツン式の桟橋は、私にとって気になる存在です。
まだ、誰でも気軽に繋留できる桟橋は、多くはないものの、東京の水辺に一つ、また一つと桟橋が増えてゆくのを見るにつけ、木っ端ブネ遊びの環境が、良くなりつつあるのを実感して、なにか嬉しい気持ちになるのです。

なお、ここに掲げた桟橋はすべて、一般の艇の利用はできませんので、その点ご注意ください。

写真は、東京海洋大学・品川キャンパスのポンドに隣接するマンション、ワールドシティタワーズ前の桟橋。大変立派な構造ですが、それもそのはず、入居者専用の桟橋で、繋留中の艇でチャータークルーズを楽しめるのだとか。
ただ、お仕事ブネの輻輳する、京浜運河にあるため、艇も桟橋もガブりっぱなしと来ては、ちょっと気の毒に思えました。
(参考:『不動産トピックス 記者の目 湾岸エリア最大のマンションが完成』)
撮影地点のMapion地図

FI2617695_2E.jpgグッと簡素なこちらは、某運河の、倉庫会社の前にあった桟橋。

過去に、恐い思いをした経験からか、万が一のことを考えて、安全に上陸できそうな設備のある場所は、反射的にチェックしておく癖が抜けません。

もちろん、人様の桟橋に無断で、用もないのに達着するようなことはしませんし、皆さんも絶対にしないでいただきたいのですが、急病や故障など、万止むを得ない場合の緊急避難場所は、覚えておいて損はないように思います。

クルマと違って、路肩に寄せれば、どこでも乗り降りできる、というようにはいかない乗り物ですので…。

FI2617695_3E.jpgこちらは、芝浦アイランド・大丸ピーコック前に最近完成した、クラブ「ミナモ」の大型桟橋。

月刊「ボート倶楽部」本年4月号によると、ボート免許教室を主軸に、レンタルボート、カヌー教室などのほか、お台場との間を結ぶ、定期船の運航も行っており、また有事の際には、防災桟橋としての活用も視野に入れているそうです。
写真にも、並んで船を待つ、お客さんの姿が見えます。

お買い物に便利なところだけに、一般艇の一時繋留も、考えていただけると嬉しいですね。
撮影地点のMapion地図


(19年4月15日撮影)

4月15日の項の参考文献
運河論(矢野 剛 著) 巖松堂書店
江戸の橋(鈴木理生 著) 三省堂
月刊「世界の艦船」2006年7月号 海人社
月刊「世界の艦船」2007年6月号 海人社
月刊「ボート倶楽部」2007年4月号 舵社

(この項おわり)