FC2ブログ

4月15日のフネブネ…2

(『4月15日のフネブネ…1』のつづき)
FI2617693_1E.jpg晴海埠頭では、3隻の自衛艦がもやっていました。近づいてみると、練習艦隊のようです。これから幹部候補生を乗せて、遠洋航海に出発するのでしょう。出港前の練習艦隊に出くわすなんて、滅多にないことで、嬉しくなってしまいました。

先頭は旗艦である、練習艦かしま。満載排水量5400t、専門の練習艦としては、海上自衛隊で二隻目です。高い乾舷がいかにも頼もしく、外洋を押し渡る艦にふさわしい雰囲気があります。
撮影地点のMapion地図

FI2617693_2E.jpgかしまの奥には、二隻の護衛艦が、接舷してもやっていました。いや、正確に言うと、練習艦と護衛艦が一隻づつ、ですか。

手前の「3513」が、練習艦しまゆき。満載排水量4200t。昭和62年に竣工したもと護衛艦で、平成11年より、練習艦に用途変更された艦です。
奥の「157」は、護衛艦さわぎり。満載排水量4950t。遠洋航海に当たって、普段の任務を一時離れ、練習艦隊に加わった艦です。

FI2617693_3E.jpg練習艦隊の遠洋航海は、旧海軍以来の伝統です。

「学校で海外旅行に連れていってくれるのか、いいなァ」などと思う方も、おられるかもしれませんが、約半年に及ぶ長い航海の間は、厳しい訓練の連続だそうで…。船乗りとしての勉強を、この航海の間に、みっちり総仕上げさせられるのですから、やはりオフィサーになるのは、並大抵のことではないようです。

遠洋航海には、毎年変わる、さまざまなコースがあるのですが、今年は太平洋一周のようですね。4月20日に晴海を出港、ハワイ・メキシコ・オーストラリアなどを回り、9月21日東京帰港の予定だそうです。

FI2617693_4E.jpg軍艦を見て、引き締まった気持ちになったあとは、静かな船溜りで、イイ感じにくたびれた(笑)曳船たちを眺めて、ちょっとリラックス。

京浜運河、港南大橋近くの曳船溜りにて…。けだるくなるような昼下がり、休日とあって、曳船たちも波に揺られながら、昼寝を決め込んでいるのでしょう。
撮影地点のMapion地図
(参考:月刊『世界の艦船』2007年6月号)


(19年4月15日撮影)

(『4月15日のフネブネ…熱狂編!』につづく)