FC2ブログ

目黒川の橋づくし…9

(『目黒川の橋づくし…8』のつづき)
FI2617690_1E.jpg目黒通り・権之助坂の坂下に位置する、目黒新橋。
規模こそ違え、形式や全体の雰囲気が、神田川の聖橋によく似た、重厚なコンクリートアーチ橋。昭和8年に完成、平成8年にリニューアルされたとのこと。(参考『写真紀行 旅おりおり目黒新橋』)
昔、この橋をよく渡ったこともあって、個人的に「目黒川で最も格好の良い橋」と思い入れており、ぜひ一度、川面から仰いでみたい、と思っていたのです。
撮影地点のMapion地図

ところが、この少し前の地点より、水深が浅くなり始めたので、回転数を絞って、「もう少し、もう少し近づいて…」と、カメラを構えつつ前進していたら、ブルブルと軽い振動が…。

艇尾を見ると、ペラのあたりの水中に、水流で巻き上げられた黒い泥がもくもくと湧き出しており、魚探の感は、1mを切っていました。ペラが川底の泥に触れたのです。残念ながら、「橋づくし」の遡行もここまで。念のため、エンジンはすこしチルトアップしてあり、回転数もデッドスローまで絞ってあったので、被害はありませんでした。

光線の具合があまり良くなかったので、橋をくぐって、向こう側からも撮ってみたかったのですが、仕方がありません。満潮時まで待ったら、もう少し行けたかもしれませんね。

FI2617690_2E.jpgというわけで、以下は帰路のスナップです。

五反田大橋下流にある、小さな排水口。反射でよく写っていないのですが、上の白い看板には、「地下鉄地下水」と書いてあります。橋の真下を通っている、都営浅草線からのものなのでしょう。「目黒川の橋づくし…6 」のコメント欄で、amieさんが触れられているのが、これですね。

往路に見たときは、水が出ていなかったので、おそらく汚水マスに溜まった地下水が、一定量になるとポンプが作動して、排水されるような仕組みになっているものと、思われます。

FI2617690_3E.jpgさきほど、「目黒川の橋づくし…5」で、「どうビックリしたかは、後ほどご覧に入れましょう。」と書いた御成橋の、ビックリの瞬間をご覧に入れましょう。

なんと、桁側面に設けられたパイプから、ザーザーと噴水のように水が噴き出しているのです! 以前、佐原で見た水管橋、ジャージャー橋(過去の記事『佐原と小野川…1』参照)さながらです。

このままでは、ずぶ濡れになることは避けられないか? イヤ、左の岸ぎりぎりに進めば、避けられるかな…。などと考えながら近づいたら、ピタリと放水が中断され、二度ビックリ。たまたま、放水終了時刻に行きあわせたのか、または、監視カメラで見ている人がいて、艇の接近に気づいてくれたのかしら?

目黒川(Wikipedia)によると、「東京都下水道局芝浦水再生センターの下水処理水を8時30分と9時~21時の一時間ごとに散水」とありました。夏などは涼しげで、素敵でしょうね。でも、艇長さんたちはお気をつけて…。

FI2617690_4E.jpg河口まで戻ってきました。以前、運河めぐりのときにご覧に入れた、アイル橋を改めて。

第一橋である、東品川橋も撮ったのですが…。家に帰って確認したら、どういうわけかボケボケで、とてもここに掲載できる仕上がりでは、ありませんでした(泣)。痛恨事です! 次の機会に必ず…。
撮影地点のMapion地図

FI2617690_5E.jpg東品川橋は撮れていなかったのに、京浜運河の対岸、若潮橋はしっかり写っているのですから、なんだか、力が抜けてしまいます。

運河としての記憶を持つ、街中の可航河川。昭和30年代末には、曳船に引かれる屎尿運搬船として、利根川高瀬舟が、老骨に鞭打って最後の活躍をした、水運とは縁浅からぬ目黒川…。

都心部の川と違って、史料にはいまひとつ乏しい感のある目黒川ですが、訪ねるほどに、また調べるほどに、うまみの出てくる川でもあります。
撮影地点のMapion地図


(19年4月15日撮影)

(『4月15日の水門』につづく)