FC2ブログ

貯木場の水路

(『3月4日のフネブネ』のつづき)
FI2617673_1E.jpg3月4日に航行した水路で、未紹介の部分を一つ、忘れておりました…。
豊洲にある、現在は使われていない貯木場の、横を抜ける水路です。

春海運河の、晴海・豊洲の間の狭窄区間に入り、廃墟好きの皆さんには有名な、東京都専用線の廃線跡・晴海橋梁をくぐり、右手へ。

FI2617673_2E.jpg豊洲運河への近道のような、長さ350mほどの短い水路に進入。
右手は、高いビルが立ち並ぶ豊洲一丁目、左は貯木場の跡で、コンクリートの高い柵が続いています。写真奥、右には豊洲水門があります。
写真右岸は、ゆるやかな法面の石積み護岸で、小鳥の遊ぶ姿も見られました。
撮影地点のMapion地図

FI2617673_3E.jpgゆるゆる進みながら、貯木場の柵を見たところ。
柵に囲まれた水面は広大で、このまま放置しておくのも、ちょっともったいないような気がします。

マリーナとまで行かなくとも、ブイ繋留の泊地としてでも利用したら、と思ったのですが、いかがでしょうか。

FI2617673_4E.jpg柵を透かして、相生橋と、佃島の高層ビル群を望んだところです。

いつも通っている、いわばなじみの水路なのですが、この角度で写真を撮るのは初めてです。静かな水面に影を落とす、柵の格子模様…何か現実離れした、不思議な眺めでした。


(19年3月4日撮影)

【20年9月14日追記】1~2段目、「晴海運河」は「春海運河」の誤りなので、訂正しました。

(この項おわり)

3月4日の項の参考文献
ゆこうあるこう こうとう文化財まっぷ(江東区教育委員会)
江東古写真館 ~想い出のあの頃へ~(江東区教育委員会)
隅田川の今昔 (鹿児島徳治 著)有峰書店
運河論 (矢野 剛 著)巖松堂書店
江東内部河川通航ガイド 東京都建設局河川部
東京の橋 (伊東 孝 著)鹿島出版会
(古地図)模範 新大東京全図 (原図は昭和8年、九段書房発行)古地図史料出版株式会社