FC2ブログ

隅田川に簡易船着場が完成

FI2617655_1E.jpg申しわけありません、川っプネにとって大事な、しかも嬉しいニュースを、すっかり忘れておりました…。

隅田川に、一般艇でも無料で、しかも届出などなしに、自由に使用できる係留設備、「簡易船着場」が完成、昨年12月25日より、すでに供用開始されているそうです!

情報源はこちら。中川中流部の派川・大場川にあるマリーナ、東京エンタープライズマリーナ・東京マリンレンタルボートクラブのトピックス欄です。

こちらに気づいてから、都建設局のサイトを探してみたのですが、なぜか記事が見つかりませんでした(建設局サイト内検索結果)。都の仕事が、民間のマリーナが作ったサイトでしか、報じられていないのはさすがに不安をおぼえたのですが、この後、月刊「ボート倶楽部」3月号を買って読んでみたら、巻末の「Topix」欄に、同様の内容が報じられていたので、ホッとしました(マリーナの方、ごめんなさい)。

さて、この「簡易船着場」、昨年末に完成したのは、言問橋上流左岸と、勝鬨橋上流右岸の2ヶ所。追ってもう1ヶ所、吾妻橋下流左岸も、本年4月に完成予定とのことです。
言問橋船着場は、階段状の固定岸壁、勝鬨橋のそれは浮き桟橋とのこと。船着場を囲む柵には、内側からしか開かない、ワンウェイの門扉が設けられているので、艇には最低1名が、居残ることが必要です。

「なあんだ、留守番しなきゃならないの?」と、残念に思う方もいるかもしれません。しかし、利用の仕方によっては、非常に便利に使えるのではないでしょうか。
一例を挙げれば、お客さんを自艇に乗せて出かけるとき、わざわざマリーナまで出向いてもらう必要がなく、交通の比較的便利な、都心の船着場で乗り降りができるというだけでも、船遊びに劇的な変化をもたらすように思えます。

また、艇内に、最低1名の居残りが必要な点については、船着場のある隅田川が、全国有数の輻輳河川であることを思えば、おのずと納得されると思います。
水上バスを始め、かなりの大型船が頻繁に通航するということは、常に激しいウェーキ(引き波)に晒されることを、覚悟しなければなりません。繋留の仕方が悪ければ、岸壁に叩きつけられて、破損しかねないということです。特に、我々のような、FRPの小型船舶においておや。かわいい艇の安全を考えると、護衛艦ならずとも「半舷上陸」中の居残りは必須でしょうね。
まあ、限られたスペースでもあることですし、「ボート倶楽部」の記事にあるように、「あくまでも短時間で乗員の乗り降りに利用する施設と考えたほうが」ベストなのでしょう。

都内に多く存在する「防災船着場」や、不定期にしか使用されない、水上バスの桟橋などを、プレジャーボートにも利用させられる手立てはないか、という議論は、過去にずいぶんなされてきました。(私も妄想しました…笑)

ただ、一時繋留施設というと、クルマのパーキングメーターに近いモノを想像しがちで、そうすると、どうしてもプリペイドカードなど、料金授受の設備をどうするかという議論になってしまい、結果、プレジャーボートの絶対数の少なさと、設備投資の額のバランスが取れそうもなく、尻すぼみになるという話を、聞いたことがあります。

今回の、一方通行の扉を設けた「簡易船着場」は、従来、難しく考えがちだった船着場の利用方法に、単純明快な、ひとつの答えを出したかたちになりました。いや、少なくとも、私にはそう見える、というだけですが…。

おりしも、花見のシーズンが間近ですから、ひとつ都の方でも、しっかり宣伝していただきたいものです。東京近郊のボートオーナーに、船着場を大いに活用してもらえば、東京の川景色が、賑やかで、眺めても楽しいものになるに違いありません。

(写真は隅田川、東武線花川戸橋梁付近。18年12月31日撮影)