FC2ブログ

佐原と小野川…2

FI2617640_1E.jpg(『佐原と小野川…1』のつづき)
忠敬橋を過ぎると、小野川は西に東にと、S字状のカーブを描き、コンクリート桁橋、共栄橋をくぐります。

現在は、いくつもの橋がかかる小野川も、江戸時代から大正初めまでは、協橋(かなえばし・現在の忠敬橋の場所に架かっていた橋)ただ一つだったとのことです。

この協橋、明治15年(西暦1882年)に竣工したものは、一径間の石造アーチ橋で、当時の佐原の財力を象徴するような、小ぶりながら豪壮な橋でしたが、交通量の増加などの理由から、昭和43年に、現在の忠敬橋に架け替えられたそうです。もし現存していたら、佐原を象徴する建造物になっていたことでしょうね。
撮影地点のMapion地図

FI2617640_2E.jpg共栄橋下流の「ダシ」をふと見ると、松や南天などを、青竹の花生けに挿したお正月飾りらしきものが…。

まるでお座敷のように、屋外の桟橋を飾るその気持ちが、なんとも嬉しく思えました。かつては、商家ごとに「ダシ」を持っていたそうですから、わが家の玄関として、大切にする習慣が、残っているのかもしれません。


FI2617640_3E.jpg石の護岸がしだいに途切れて、コンクリートブロックの護岸が多くなりましたが、街並みが落ち着いているせいか、雰囲気は悪くありません。

前方に見える橋は、縁起の良い名前を持つ、開運橋。
あ、この手前にあった、中橋を撮り忘れてしまった…。
撮影地点のMapion地図


FI2617640_4E.jpg開運橋のすぐ下流にある、JR成田線の鉄橋。佐原駅は、写真左手にあります。下流側には人道橋、小鮒橋が併設されています。

船頭さんの話では、昔、農産物の積み出しが忙しくなると、佐原港(後述)だけではさばききれず、この付近にも貨車を留めて、舟から荷揚げをしたものだとか。

FI2617640_5E.jpg成田線鉄橋の下流で、川はほぼ直角に曲がり、東に向かいます。舟の行く先を、航跡を立てて逃げながら、決して飛び立とうとはしないものぐさ(笑)な水鳥たちが、なんともユーモラス。

写真左手、階段のあるあたりから奥へ、かつては、水路が佐原駅の北まで伸びており、終端は大きな船溜りになっていました。現在、佐原文化会館などの、公共施設のある大きな区画(Mapion地図)が、佐原港跡です。

ずっと昔からあった船溜りと、思われるかも知れませんが、なんと着工されたのは戦後、昭和22年のこと。現JR鹿島線の延長以前とはいえ、地域的な水運網が、まだまだ重視されていた時代だったのですね。
役目を終えた佐原港は、昭和51年に埋立てが完了しました。河港の街としての佐原の歴史は、このとき終止符を打ったと言ってよいでしょう。
撮影地点のMapion地図

(19年1月3日撮影)

【2月15日追記】5段目、誤記を訂正しました。

(『佐原と小野川…3』につづく)