FC2ブログ

あんば様…3

FI2617638_1E.jpg(『あんば様…2』のつづき)
参拝してから、愛艇のためにお札をいたたいでおこうと、社殿右にある社務所へ。

「『航海安全』のような、フネのためのお札はありますか?」と、若い係の方に訊いたところ、「いえ、そういったお札はちょっと…」と、反応ははかばかしくありません。仕方なく(なんて言ったら、バチが当りそうですが)、クルマにつけるような、「交通安全」のお札をいただくことにしました。

ところが、隣に並べられていた絵馬をフト見ると、なんと! 天狗様が如意棒のような竿を水中に挿しこんで、水難に遭った人を救い上げている絵が、描かれているではありませんか! しかも、隣には帆を五合まで降ろした和船と、船上で手を合わせる人物までおり、明らかに船と船乗りの守護を主題にしています。

絵馬ですから、裏側に願いごとを書いて、境内に結び付けて来るのが本当なのですが…今や、船との縁が薄くなってしまったあんば様の、数少ない船とのつながりのような気がして、いただいて帰ることにしました。

FI2617638_2E.jpgこちらは、お札を入れてもらった袋と、社務所でいただいた、大杉神社の縁起を記した刷りもの。全体的に赤っぽいのは、古来厄除け・疱瘡除けに効く色が、赤とされているからだそうです。

キント雲? に乗った二人の天狗様が、こちらを睨みつけている絵柄は、ユーモラスな中にも迫力があり、厄も恐れをなして退散しそうですね。


FI2617638_3E.jpgあんば様とは関係がありませんが、阿見飛行場でいただいたものも、ついでですので、ここでご覧に入れます。

受付けを済ませると、まずいただいたのが、阿見飛行場のロゴ入りハンドタオルとボールペン、そして飛行機の写真が入ったティッシュ。タオルとボールペンは、何かもったいない気がして、まだ使っていません(笑)。
写真入りマグカップは、記念に買ったものです。すっかり気に入ってしまい、これで毎日お茶を飲んでいます。

(『佐原と小野川…1』につづく)