FC2ブログ

またもお絵描き

FI2617611_1E.jpg前回、川蒸気を描いてから、お絵描きにハマってしまい、皆様の失笑もかえりみずに、第2作をものしてみました。
東京近辺の方にはおなじみ、現代の河川交通の主役でもある、曳船と艀(はしけ)です。タグボートとダルマ船、と呼んだほうが、通りがいいかもしれませんね。小さな曳船が、大きな艀を力強く引っ張っていくさまは、腹に響くようなエンジンの音とともに、血が湧き立つような魅力があります。
子供のころは(お恥ずかしいことに、今もそうですが)、ゴロロロロ…というエンジンの音が聞こえると、橋の欄干から身を乗り出して、曳船の排気の匂いや、盛大な曳き波で騒ぐ水面に酔いしれたものでした。

曳船から伸びる曳索(ロープ)は、本来ならもっと長いのでしょうが、絵的に見て間が抜けそうなので、ぐっと短くしてみました。
もっともそれ以前に、この絵をタイトル写真にはめ込もうとすると、えらく小さくなってしまい、何が描かれているのか、さっぱりわからないというていたらく…(泣)。
う~ん、艀付きでは左右幅が大きすぎたようです。埋もれさせるのも忍びなく、せめて、こうしてご覧いただこうという次第…。

FI2617611_2E.jpgというわけで、ちょっと寂しいのですが、タイトルに使えるのは、曳船のみとなりました。

絵を描くのはともかく、そのあとの加工のしかたが、最初はどうにもやり方がわからず苦労しましたが、一人でゴチャゴチャといじり回していたところ、なんとかキレイに切り抜き、貼り付ける方法を発見、快哉を叫んだものです(素直に入門書でも買いに行けば良いのでしょうが、何かイコジになっていた気が)。

次は高瀬舟を描きたいなあ…。