FC2ブログ

「ポンポン大将」が見たい!

FI2617610_1E.jpgもう、十数年前の話だと思うのですが…テレビで「なつかし番組総集編」みたいな特番をやっており、見るとはなしに見ていたところ、船員服の桂小金治が写った、白黒のスチール写真が大写しになりました。

オッ、と思って見入っていたら、何枚かのスチールとともに主題歌が流れ、「ポンポン大将」という、川船の船長が主人公のドラマであること、昭和30年代に放送されたことなどが説明されました。
動画(?)はなくスチールのみで、しかも紹介の時間は、ごく短かったのですが、「川船を題材にしたドラマがあったのか!」と、胸をときめかせたことを覚えています。

なにしろ、川船どころか、海洋ものすら珍しい、わが国のテレビドラマですから、まだ水運業が盛んであった時代に、放映されていた番組とは言え、驚きました。
話が脱線しますが、唯一、リアルタイムで見た海洋もののドラマが、海上保安庁を題材にした「海風をつかまえて」(村上弘明、渡辺梓主演、テレビ東京系、毎週日曜21:00~21:54、平成3年)で、海上保安官や巡視船の活躍に熱狂(笑)したものです。
(「『海風をつかまえて』放送リスト」を参照させていただきました)

それからしばらく、「ポンポン大将」のことは忘れていたのですが、川走りに熱を上げ始めてから、そういえば…と思い出し、「写真の1枚でも見られないかしら」と検索して(『ポンポン大将』でのGoogle検索結果)みたり、本を探したりしてみたものの、断片的な情報のみで、今もって出会うことはかないません。

60年代『テレビ番組』」(60年代 懐かしの宝箱)によると、NHKで毎週日曜・18:00~18:25に放送されていたこと、昭和35年から38年まで続いた、結構な長寿番組だったことがわかりました。
また、主題歌の一部は、こちら(J-WAVE CD ONLINE『なつかしいテレビ主題歌 ベスト』)で試聴することができます。希望が湧いてくるような明るい歌で、全く見たことがないにもかかわらず、「いい番組だなァ…」と、お約束のホロリ(泣笑)。

川と船を舞台にした、下町人情劇…(らしい)。かつての水運や、船乗りの生活に興味がある者としては、ぜひ拝見しておきたいドラマです。なんとかして、見ることができないものでしょうか…。

とりあえず、次の航行からは、「ポンポン大将」の主題歌を歌いつつ、橋をくぐろうと思います!
♪今日もとおるよあ~の橋の~し~た~♪

…アブナイですか?


(隅田川、18年8月24日撮影)