FC2ブログ

吸い寄せられる場所…4

FI2617595_1E.jpg(『吸い寄せられる場所…3』のつづき)
3階の船尾側、子供でにぎわうラジコン船コーナーの脇にあるのは、海上保安庁の、東京海上保安部・港内交通管制室。
当館の側面に設けられた、電光式信号を管理する、東京13号地船舶通航信号所も、兼ねています。

数ある通航管制所の中でも、博物館の館内にあり、しかもガラス越しとはいえ、業務を実際に見ることができるという、大変珍しい存在です。

もっとも、この窓も、業務上の都合があるのでしょう、カーテンで覆われていることが多いのです。このときも、最初は閉まっており、一回りして帰ってきたら開いていたので、すかさず撮影に及んだものです。

FI2617595_2E.jpgブリッジに上がり、左舷側のウイングに出てみると、美しい夕焼け空に浮かぶ、富士山のシルエットが…。

船影も少なくなった西水道を、曳船が一隻、ぽつんと行き過ぎます。

FI2617595_3E.jpgしばらくして、レストラン・クルーズ船、「シンフォニー・クラシカ」が、ゆっくりと航過。

夕闇がさらに迫り、沿岸の建物に、ひとつ、ふたつと灯りがともってゆく…東京の水辺ならではの美しさは、まさに夕暮れ時にあるのではないか、そう思わせる一瞬です。

FI2617595_4E.jpgそしてこちらは、先日のタイトル画像の、すこしあとの一枚。
悠然と過ぎてゆく、おがさわら丸の後ろから、セブンアイランド愛でしょうか、東海汽船の水中翼船が、水煙をあげて追い越す瞬間を、見ることができました。

こんな美しい港湾風景を、苦もなく我がモノとできるのも、立地の良い船の科学館ならではです。

FI2617595_5E.jpg船の科学館を楽しんだ後は、晴海埠頭に向かいました。砕氷艦「しらせ」が、接岸しているのを見たかったからですが、日はとっぷりと暮れたあとで、もちろん写真に収めるのは不可能です。

仕方なく、客船待合所のデッキから、「しらせ」を眺めていると、なにやらハデハデ(笑)な電飾を身にまとった、屋形船らしき未確認水上物体が!
ブレながら、闇夜でもなんとか写真に収められるほど、電飾まみれなのはありがたい(?)のですけれど、こ、この色彩センスは…古典的なキャバレーみたいで、ちょっとくるものがありました(笑)。

どこの何丸だか、ご存知の方、おられますか?

(18年11月12日撮影)

【11月29日追記】この電飾屋形船は、神田川・柳橋の舟宿、三浦屋の大江戸丸と判明しました。(『舟宿 三浦屋』の『乗合屋形船 大江戸丸』および『貸切船総合案内』を参照)
コメント欄でお知らせくださった、がーちゃんさん(ブログ『がーちゃんフォトアルバム』)と、はじめさんに御礼申し上げます。

(この項おわり)