FC2ブログ

干潮時にすり抜けろ!…4

FI2617561_1E.jpg(『干潮時にすり抜けろ!…3』のつづき)
赤地に白線一本、「進入禁止」の標識がかかる、清川橋(A.P.+3.5m)の向こうは、清澄排水機場です。

大雨による増水や高潮の時、内部河川から外に通じる、全ての水門は閉じられますが、自然排水はできなくなりますから、こうした数ヶ所の排水機場によって強制排水し、内水の水位を低く保ちます。

左角のところには、釣り人さんが釣り糸を垂れていたので、「すいません、すぐ通りますから…」と声を掛けたところ、笑って「なあに、いいよいいよ!」と言ってくれました。
やさしいなあ…。

FI2617561_2E.jpg清川橋の手前から、左に別れる水路は、大島川西支川。南下すると、以前ご紹介した大島川水門の横に出ます。

この水路も、手前に見える松永橋(A.P.+3.3m)その奥の元木橋(A.P.+2.8m)など、手ごわい(?)橋のあるところですが、今回は先を急ぐため、またの機会のご紹介としましょう。
撮影地点のMapion地図

FI2617561_3E.jpg清川橋手前で回頭し、仙台堀川をゆっくりと東に進みます。毎度のことではありますが、岸辺には人影もなく、東京とは思えない静けさです。

護岸に設けられた、木製の橋名板がなかなか洒落ていますね。これは、木更木橋のものです。



FI2617561_4E.jpgこちらは、仙台堀川の河名板。

水面に浮いた木材と、花火が描かれており、木場ゆかりの水路であることが表現されています。





FI2617561_5E.jpg大和橋の丁字流まで戻ってきました。彼方に、ふたつの木場公園を結ぶ斜張橋、木場公園大橋が遠望できます。

このまま直進、仙台堀川の可航部東端まで行き、大横川に入って北上するとしましょう。
撮影地点のMapion地図

(18年10月9日撮影)

(『干潮時にすり抜けろ!…5』につづく)