FC2ブログ

干潮時にすり抜けろ!…3

FI2617560_1E.jpg(『干潮時にすり抜けろ!…2』のつづき)
仙台堀川に入りました。まずは左に曲がり、西に向かいます。

丁字流に面したこの橋は、藍色のワーレントラス、亀久橋(A.P.+3.3m)です。昭和4年竣工、これも「目印の橋」と言って、よろしいでしょう。東から撮った姿は、タイトルですでにお目にかけましたが、横から見た輪郭が台形ではない、長方形なのが、トラス橋としては珍しいですね。
撮影地点のMapion地図

FI2617560_2E.jpg深川と平野の間に架かる、木更津…ではなく、木更木橋(A.P.+3.7m)。昭和44年竣工のガーダー橋です。

おとなしいスタイルの橋ですが、近づいてみると…。



FI2617560_3E.jpg欄干の中央に、いにしえの材木問屋街の情景を描いた、レリーフが掲げられていました。

欄干そのもののデザインも、弧をなした線と、縦横の線がほどよく調和していて、なかなか素敵ですね。




FI2617560_4E.jpg清澄通りを渡す、海辺橋(A.P.+3.2m)です。詩情あふれるというか、昔をしのばせる名前ですね。この橋をくぐると、右手は清澄庭園です。

仙台堀川の北、小名木川南岸は、海辺新田と呼ばれる、慶長年間に埋め立てられた当時の新開地でしたから、この橋も、そのゆかりがあるのかもしれません。
撮影地点のMapion地図

FI2617560_5E.jpg清澄橋(A.P.+3.2m)です。右岸の清澄庭園と清澄公園は、この橋が渡す道を境に分かれています。

左岸は、かつての工業地帯だったところですが、いまはご覧のとおり、ひっそりとしています。明治5年、ここに、わが国最初の官営セメント工場、「摂綿篤(セメント)製造所」が設立されました。

(18年10月9日撮影)

(『干潮時にすり抜けろ!…4』につづく)