FC2ブログ

石狩湾新港

FI2617555_1E.jpg(『石狩放水路水門』のつづき)
篠津運河水門と同様、石狩放水路水門も支塔側面に、立派な銘板が掲げられていました。青銅色に仕上げられた、渋い雰囲気のものです。

こちらも、扉体部分の諸元表を写しておきましょう。幅/高さは、25×7.3m。重量は上段94.5t、下段105.9t。昭和56年の竣工、製造は石川島播磨重工業です。


FI2617555_2E.jpg石狩湾新港に向かって立つ、放水路の電光掲示板。

「放流を終了しました」…この表示だと、時々放水しているように読めますが、水門は常時閉のようですね。




FI2617555_3E.jpg水門の向こうに見えた、トラス橋が気になって、近づいてみました。

広大な、石狩湾新港を背にする人道橋、名前は望洋橋というそうです。堂々として見えますが、人道橋だけに断面は小さく、可愛らしい感じのする橋です。
海側に回ってみると…。

FI2617555_4E.jpg橋の真ん中に、なにかすごく違和感のある、妙なモノが取り付いているのを発見! 色といい、形といい、橋の造作とあまりにギャップがありすぎ、意表をつかれて、しばし無言に(笑)。

橋の上から近づいてみると、船の形を模した、展望スペースでした。
確かに港が一望でき、説明板もあるのですが、残念ながら中は荒らされ放題で、とてものんびり景色を眺める状況では、ありませんでした。

FI2617555_5E.jpg石狩湾新港の、西側を見たところです。完成して20数年という、若い港だけに、まだ施設も少なく、寂しい感じは否めませんが、大陸方面と、いくつかの定期航路で結ばれている、物流の玄関口の一つであります。

石狩川に放水路を作って、洪水を防ぎながら、放水路の出口を港湾化しようという計画は、早くも明治12年からあり、お雇いオランダ人技師、ファン・ヘントにより、新河口開鑿ならびに新港計画の見込図が、開拓使に提出されたのを嚆矢とします。

現在の石狩湾新港は、昭和48年より工事に着手し、昭和57年に一部の供用を開始したもので、茨城県の鹿島港と同様、入り江のない浜に水路を掘り、埋め立てで埠頭を沖に伸ばした、人工の港です。
(詳しくは、石狩湾新港HPをご覧ください。)
撮影地点のMapion地図

(18年9月30日撮影)

(『創成川』につづく)