FC2ブログ

神田川…8

FI2617534_1E.jpg(『神田川…7』のつづき)
清洲橋通りが通る、美倉橋。和泉橋から浅草橋まで、上路式鋼アーチが4つ続きます。

北岸は鞍地河岸、南岸は浅草橋付近まで、柳原河岸と呼ばれていました。
撮影地点のMapion地図

FI2617534_2E.jpg左衛門橋。上を通るのも、ずばり左衛門橋通り。しかも、下流側北岸の河岸地も、左衛門河岸と呼ばれていました。
この地点に橋が架けられたのは、明治になってからのことなので、河岸の名前を、そのまま橋名にしたのでしょうか。

ここまでは、繋留船もほとんどなく、その上、橋脚のないアーチ橋が多かったので、気兼ねなく走れる良さがありましたが、この橋の下流からは、屋形船や釣り船の係船地となりますから、当然ながら、曳き波を立てないよう、気をつけなくてはなりません。
船影がにぎやかな水路を、ゆっくり通るのも、フネ好きとしては、楽しみの一つではありますが。

FI2617534_3E.jpgずらり居並ぶ、これらのフネブネが活躍するのは、日も落ちてからのことが多いでしょうから、出船入船の間を縫う、というわけではありませんが、デッドスローで屋形船見物をしつつ進むと、ほどなく浅草橋です。

見る人によっては、情緒薄く、無愛想ともとられる都市河川ですが、このように、こぎれいなフネブネがひしめくだけで、ぐっと風情が増し、眺めても楽しい、水辺の風景になるのですね。今さらながら、生きている水路の風景には、船が不可欠であることを、再認識しました。
東京を水害から守る、排水路としての役割も、もちろん重要ですが、やはり水の道、船がいなくては、始まりませんものね。

FI2617534_4E.jpg頭上に、江戸通りが通るこの橋、浅草寺への表参道に当たることから、浅草橋を名乗ったと伝えられますが、伝統ある橋のわりには、銘板はご覧のとおり。

安っぽくはないのですが、少々小さすぎるようで…。リブの間隔に、寸法を合わせたのでしょうか?



FI2617534_5E.jpg神田川河口に位置する、第一橋、柳橋に着きました。水面に張り出した、船宿が建ち並ぶ、いつ来ても楽しい場所ですが、増水のときは、大丈夫なのかしら…。

隅田川に面する橋だけあって、目標として目立つように作られながら、どこかたおやかな感じのする、下路式のタイドアーチ。かつて、この地で繁栄した、花町の代名詞となっていることでも、知られています。

久方ぶりに、日本橋川~神田川の都心一周コースを、堪能させていただきました。何度走っても、そのたびに小さな、新しい発見があり、また本などで調べるほどに、失われた水路や、途切れなく続く河岸地など、その歴史の長さと面白さに、ますます引き込まれてゆく…私にとってはそんな、興味のつきない水路です。
撮影地点のMapion地図

(ごめんなさい、まだ、もうちょっと続きます。参考文献は、9月2日の項の終わりに、まとめて記します。)

(18年9月2日撮影)

【10月28日追記】千秋さんのブログ「筆の向くまま 気の向くまま 勝手気ままに 徒然雑記」の「柳橋」にトラックバックさせていただきました。

(『9月2日の川景色…1』につづく)