FC2ブログ

神田川…3

FI2617527_1E.jpg(『神田川…2』のつづき)
水道橋をくぐってすぐ、下流方向を見たところです。
左には、先ほど触れた分水路の出口が口を開け、右のコンクリート法面とともに、蔦で覆われています。
日本橋川の上流部と同様、もちろん蔦は人為的に植えられた、コンクリート護岸を少しでも潤いある風景にしようという工夫で、大変結構なのですが、この角度から見ると、ちょっと廃墟(笑)ぽく見えてしまいます。

不謹慎かもしれませんが、昔読んだ、小松左京の小説「復活の日」に出てくるような、新種の細菌で人々が死に絶えたあとの東京…といったシチュエーションを、思い出してしまいました…。
撮影地点のMapion地図

FI2617527_2E.jpg水路はゆるやかに左に曲がったあと、今度は右へカーブ。

都心であるにもかかわらず、深い切通しが次第に喧騒を遠ざからせ、木々が豊かに茂った法面は、ここが東京であることを、しばし忘れさせるほど、と言っても、大げさではないでしょう。


FI2617527_3E.jpg台地の標高が高くなるにつれ、右にある、中央線の線路敷は奥に引っ込み、左右の岸とも、目に沁みるような緑の水辺となります。
このアングルだけ見ると、本当に別世界のようですね。

前にも触れましたが、隅田川に水を抜くための放水路として、本郷台地の末端を掘り割った大工事のすえ生まれた、この人工の渓谷は、江戸・明治時代の文人たちはもとより、現在に至るまで愛され続ける、名所となりました。
この堀割、伊達藩が普請を担当したことから、当初は「仙台堀」と呼ばれたそうです。

FI2617527_4E.jpg右カーブが終わると、再び左へ。ゆく手に、お茶の水橋が見えてきました。

風光明媚ではありますが、ご覧のとおり見通しはよくないので、初めての方は特に、くれぐれもデッドスローで…。


FI2617527_5E.jpgお茶の水橋をくぐります。水面から見上げると、橋脚の長さが強調されて、ますます威風堂々として見えますね。鋼ラーメン・ゲルバー桁橋という形式で、昭和6年に完成しました。

この橋の上を渡る明大通りは、その名の如く明治大学の前を通り、麓の駿河台下交差点から、北橋詰にある、東京医科歯科大前・お茶の水交差点までの、短い距離ながら活気ある、学生街の坂道です。
撮影地点のMapion地図

(18年9月2日撮影)

(『神田川…4』につづく)