FC2ブログ

江戸川走破の快挙!

FI2617508_1E.jpg川めぐりをされているボートオーナー、ブログ「友へ」の管理人でもある、amieさんよりお知らせをいただき、ビックリしました。
江戸川を、最上流である関宿まで、モーターボートで走破した記事を、発表しているサイトがある、というのです。
「E-na」は、国交省・江戸川河川事務所が発行するウェブマガジンですが、しばらく遠ざかっていたら、こんな素敵な記事が掲載されていたのですね! お知らせくださった、amieさんに御礼申し上げます。

全長60キロメートルを走破 江戸川を船で行く」(『E-na江戸川河川事務所

私が、この遊びを始めたきっかけが、大水運時代へのあこがれから、江戸川を遡行して利根川に出たい、という欲求がそもそもであり、何度か江戸川遡行に挑戦して、あえなく敗退したことは、すでに何度かお話しました。

その後、掲示板上で、「利根川から江戸川経由で、東京にボートを回航した記事が、ボート雑誌に掲載されている」という投稿を読んで、オッと思ったことはありましたが、実際にその雑誌を読むまでは至らず、そのままになっていました。

若いころに比べれば、だいぶ気が萎えた(?)とは申せ、江戸川とは縁浅くない私ですから、やはりこの記事を見ると、血沸き肉踊るものがあります。

amieさんが、江戸川河川事務所に問い合わせられたところによると、取材に使用した艇は、25ft12人乗り、機関は60ps2機がけとのことで、私の艇(21ft8人乗り)よりだいぶ大型であり、エンジンも強力なものを使っています。航行当日は、平常時の3倍の流量で、水深も0.5~1m高い日を選んだとのこと。
全長60km、往復120㎞以上ある江戸川を、わずか7時間程度で、往復して来られたとは、操船者の技量が高いこと、装備が良いこともさることながら、日頃からデータを集め、丹念に研究された賜物だと思います。
(河川の水位については、観測施設のデータが、各河川事務所・工事事務所のサイトで、公開されていることが多くなり、昔よりはるかに楽になりました。ネット様々であります!)

増水し、流速も速い江戸川ですから、エンジンの出力に余裕があった方がよいのは、言うまでもありませんが、2機がけ艇を選ばれたあたりに、船長の慧眼を感じたのですが、うがち過ぎでしょうか? 
川での、エンジンの停止は即、流されて座洲なのですから…2機なら、1つが故障しても、もう1機で操船できますが、単機ですと、エンジン停止が、遭難に結びついてしまうわけです。

いや~、しかし河川事務所も、粋な計らいをしてくれますね。こういう、ちょっと冒険心をくすぐるような記事があると、普段あまり関心のない、ボートオーナー諸兄も、ひとつ川でも走ってみるか…と来るのではないでしょうか。
川での船遊び、ますます盛り上がってきた感じですね。

記事を読んで、私も久しぶりに、江戸川中流部の景色が、見たくなってきました。
そういえば、かつて走った時は、釣り人さんの悪罵の声に悩まされた場所も、いくつかあったなあ…。今回の「E-na」の記事の方々は、大丈夫だったのかしら?

(旧江戸川、浦安付近、18年8月5日撮影)

【9月28日追記】すでに、お読みになった方も多いと思いますが、上記の記事をお知らせくださったamieさんが、9月17日、増水時の江戸川遡行に早速挑戦、見事、関宿閘門を越えて、利根川に出られました。おめでとうございます! 詳細は「友へ」をご覧ください。