FC2ブログ

通船堀に寄り道…2

FI2617503_1E.jpg(『通船堀に寄り道…1』のつづき)

通船堀東縁の左岸に沿った、細い道を進むと、意外な近さで、東縁一の関が見えてきました。写真は右岸上流側から見た、一の関の水門です。通常はもちろん、角落としと呼ばれる堰板ははめられておらず、水は流れるに任せています。

通船堀の左岸の道は、クルマも通れますが、遊歩道として美しく整備されており、二つの関のかたわらには、ベンチや解説板も備えられて、生きた史跡として、大切にされていることがうかがえました。

FI2617503_2E.jpg同じく、一の関の上流側をのぞき込んだところ。

近代閘門のように、注排水専用の側渠やゲートを持たず、舟が通る水門自身で注排水を行うため、排水時の急な水流で生じた、洗掘現象で壊されないよう、上流側をじょうごの口のように、開いたかたちに造ってあります。
材質ですが、常に水に浸かる底面には松を、堰たる角落としを支える、鳥居柱と呼ばれる枠には、ケヤキを用いているとのことです。

FI2617503_3E.jpgこちらは上流側の水門である、二の関を、下流側から見たところです。
痛んでいるところや、補修の痕がおわかりいただけるでしょう。木製の、水に浸かった構造物ですから、保守管理も、さぞかし大変だろうと察せられます。

この二つの関は、現役最末期である、大正時代の図面を元に復元したもののようです。ですから、細部まで江戸時代そのまま、というわけではあるまい、と思っていました。

しかし、手元にある、江戸時代の水門や橋の図面集を見てみると、紀州流の水門というのが、まさにこの関の構造にそっくりで、大筋は300年近く、変わらずに継承されたのだなあと、改めてその古式を認識したものです。

FI2617503_4E.jpg二の関を、上流側にかかる小橋、「にのせきばし」から見たところです。
この橋はコンクリート桁橋で、橋下の空間は極めて狭いため、二の関を少しでも堰上げ(せきあげ)たら、カヌーの類でも通航は難しいでしょう。

毎年行われる実演も、一の関を堰上げて水位を上げ、二の関に舟が鼻先を入れて終わるようで、見沼代用水東縁まで、舟が航行してみせるわけではありません。
もちろん、地元のご努力で、ここまで復元されただけでも、大変ご立派であることは、違いありますまい!

FI2617503_5E.jpg「にのせきばし」から、上流側を眺めてみました。
通船堀東縁の全長は約390m、二つの関で3mの水位差を克服するのですから、かなりの急勾配で、一見しても、坂であることが解るくらいです。

この先にも、橋や水門があるので、いずれにせよ通しの航行はできないのですが、木が茂って、昼なお暗い影を落とす通船堀は、音を立てて流れる水も涼しげで、散歩道としては、絶好の環境に見えました。
一の関の近くでは、小魚が群れて泳いでいるのも見え、水質もまずまずのようですね。

(18年8月20日撮影)

(『通船堀に寄り道…3』につづく)