FC2ブログ

中川を下って

FI2617499_1E.jpg(『新中川の橋づくし…3』のつづき)
帰路は、中川のウネウネ区間?を利用して、荒川に出るという、これもお馴染みのコースを採ることにしました。
このつづら折り河道については、以前にも紹介しました(こちら)ので、前と違うアングルを中心に、かいつまんでご覧に入れます。

写真上:奥戸橋。上流側から撮影。左岸には、葛飾区総合スポーツセンターがあります。
写真下:平和橋の中央部。桁下端の、ゼブラ塗装の部分、衝突痕がいくつか見えますね。通航する皆さん、お気をつけて…。

FI2617499_2E.jpgこぢんまりとした、2径間のローラーゲートは、(社)東京下水道設備協会が運営する、本田ポンプ所からの排水口を、守る水門のようですね。小さいながらもゴツい風貌で、惹かれるものがあります。

Mapionには表示されなかったので、Googleマップでご覧下さい。
撮影地点のGoogle地図

FI2617499_3E.jpg中川と綾瀬川の合流点まで来ました。
斜張橋・首都高の葛飾ハーブ橋、トラス・上平井橋、その向こうに上平井水門と、個性豊かな構造物が交錯する、魅力的な風景です。

澪筋の限られた、屈曲連続区間もここで終わり、緊張も解けて、少しホッとする風景でもあります。

FI2617499_4E.jpg都内最大の可航水門、上平井水門の裏表を、撮ってみました。

日も傾きつつあるころだったので、腕の悪さに光量不足が加わり、残念な仕上がりになってしまいましたが、裏側の、高潮の水圧に耐えるトラス構造や、ツートンカラーの扉体が、おわかりいただけると思います。

FI2617499_5E.jpgこれも、以前紹介しましたが、中川水門の表裏もご覧に入れましょう。
荒川側から見ると、ディテールに乏しいということもあり、小さく見えてしまう中川水門ですが、中川の面は一転して、ちょっとおどろおどろしいような、迫力ある風貌です。高速道路の、影になっている時間帯ということも、手伝っているのかもしれません。

(『8月5日のフネブネ』へつづく)

(18年8月5日撮影)

【8月19日追記】5段目、中川水門の写真と文を追加しました。