FC2ブログ

新中川の橋づくし…1

FI2617495_1E.jpg(『旧江戸川下流部…2 』のつづき)
今井水門をくぐり、新中川を遡行しつつ、下流側から全貌の見える橋、全てを撮影しました。
上:新今井橋(新大橋通り)
下:瑞江大橋(今井街道)
水路の開鑿が、比較的遅く行われたせいでしょう、川に対して、大きな角度を取って斜めに横切る、道路の線形に合わせた橋が少なくありません。

FI2617495_2E.jpg明和橋(明和橋通り)
架けられた年代にしては、古風なスタイルの美しい鋼アーチです。全体像は、タイトル画像でお見せしましたので、アップをご覧に入れます。

明和橋のタイトル画像ですが、正面から全体像を撮影すると、真上に送電線が何本か入ってしまい、ちょっと目障りでしたので、ブラシツールを使って消してしまいました。実はフィクションというお粗末…。

明和橋のスペックについては、こちら松尾橋梁株式会社)に掲載されています。

FI2617495_3E.jpg上:涼風橋
下:春江橋

上の涼風橋は、最近できた橋らしく、地図にも掲載されておらず、最初は名前がわかりませんでしたが、検索してみると、えどがわトピックス江戸川区サイト)に、新しい橋の名前が「涼風橋」と決まった、という記事があり、完成予想図と見比べて、どうやらこれに違いない、と判断しました。

う~ん、桁橋は全貌を撮ろうとすると、どれも、あまり変わらない絵柄になってしまう上、なによりデジカメが安物ですから、遠景を撮るとピントが甘くなりますねえ…。もっといいカメラが欲しいなあ…。

FI2617495_4E.jpg上:南椿橋・首都高7号・新椿橋
下:一之江橋(京葉道路)

首都高をはさんで、下流側に南椿橋、上流側に新椿橋が隣接してあるので、一点としました。
一之江橋は、京葉道路だけに車列が絶えることがなく、新中川でも最も交通量の多い橋でしょう。上流側右岸には、防災用岸壁があります。

FI2617495_5E.jpg上:大杉橋(大杉橋通り)
下:鹿本橋(鹿骨街道)

ここでようやく斜張橋が登場、なんだかホッとしてしまいした。明和橋と同様、橋名が通りの名前にもなっているあたり、地域のシンボルとして、見られていることがわかります。
鋼桁橋は、新中川開鑿時に標準化して架けられたのでしょうか、同じタイプの橋がいくつか見られます。


(18年8月5日撮影)

【20年11月3日追記】1段目、本文を一部訂正しました。

(『新中川の橋づくし…2』につづく)