FC2ブログ

樟脳舟

FI2617489_1E.jpg(『長瀞渓流下り…2』のつづき)
岩畳で舟を下り、名物のお饅頭を食べながら、長瀞駅に至る、土産物屋街をぶらぶら散策。どの店の軒先にも、ツバメの巣があり、ヒナたちが可愛らしい顔を並べているのが印象的でした。

街外れまで来ると、小ぎれいなおもちゃ屋さんがあり、ブリキのおもちゃが並ぶ店内を拝見していると、なんと樟脳舟のセットを発見。
「長瀞みやげ」と書かれているところが、にくいじゃないですか。神社の縁日で、いなせなテキヤの兄さんが、ホーロー引きのバットに薄く水をはり、くるくると樟脳舟を動かして見せていた、子供のころが思い出されました。もちろん即決で購入。

一見、ずいぶん前の在庫のようでしたが、私の子供のころと、さほど変わらない値段で売ってくださり、かえって恐縮してしまいました。

FI2617489_2E.jpg上の写真の、左の袋の中に入っていた、樟脳舟船隊(?)です。

フラッグシップたる、一番大きな屋形船(??)のボリューム感が嬉しくなるほど、小さな舟ばかりですが、和式の一枚帆あり、ジブとメインを掲げたヨットあり、さらに水鳥さん(???)まで入っているというサービスぶり。
水鳥さんの左、パイプをつぶしたような、上部構造(でもなんでもない?)のついた最小の舟は、何を表現しているのでしょう?!(ハテナが多くなってしまいましたが…)

派手なようでいて、セルロイド独特の、やわらかな色合いが目に優しく、素朴な外観と相増して、ホッとした気分にさせられました。
同じ合成樹脂でも、スチロール系などのプラとは、質感が全く異なります。

FI2617489_3E.jpg二つ折りで入っていた説明書も、簡にして要というか、あっさりしていますね。

子供のころの経験では、ナフタリンでも走ったような気がするのですが。ただ、本物の樟脳と比べて、油分の拡散が弱いのか、よく走らなかったのを憶えています。

ガラスや陶器の方がよく走る、というアドバイスも的確です。塩ビやプラの容器では、製造時、金型から抜くための離型剤が残っていることが多いため、油分が水面に広がりやすいことを、指しているのでしょう。

新聞紙で水面の油分を取る、という下りも懐かしいですね。昔は、湯船の湯をそんなに換えなかったので、新聞紙を浮かせてから、そーっとはがし、水面の垢やホコリを取り除いたものでした…。

(この項おわり)