FC2ブログ

出会ったフネブネ…2

FI1365489_0E.jpgこれも昭和63年ごろの撮影です。

三浦半島先端の相模湾側には、天然の良港とも言うべき入り江がいくつかありますが、その中でも油壺湾は、屈曲した水路の奥にあり、全風向を防ぐことのできる、格好の船溜りです。

今でも台風が来ると、近隣の漁港から漁船がいっせいに避泊してくるほどで、高い崖に囲まれた水面は、その名の通り油を流したように静かで、母鳥に抱かれたような安心感があります。
かつては海上交通をにらむ要衝として、海賊城があったのも肯けます。

ある日、その油壺湾に、何の気なしに入ってみたら、大型のプレジャーボートが停泊しているのに出くわしました。

俳優・加山雄三氏の光進丸です。
低いシルエットのスマートな、純白の船体に、バウに張られた銀色の補強板?がよく映えています。
中はどうなっているのかわかりませんが、外観を見た限りでは、フネ好きのオーナーらしい、質実剛健な船とお見受けしました。

光進丸には、相模湾を走っていたころ、3回ほど出会っていますが、あいにくオーナーご本人を船上に見たことはありません。

たまにカラオケに行くと、「光進丸」を歌ってしまうのは、やはりこの船が好きだからでしょうか。