FC2ブログ

続・橋をくぐる

FI2509744_0E.jpg以前、私の艇に同乗した、友人のD君によると、私から見れば桁下高が充分ある荒川の橋でも、下をくぐる際は「かなり低く感じて、怖かった」とのことでした。

あまり船に乗り慣れない、普通の方から見ると、前にご紹介した亀島川の橋や、amieさんYさんのブログで紹介されている、江東内部河川の橋などは、くぐるのも空恐ろしい部類に、属するのかもしれません。
私も、低い橋に緊張させられないと言えば、ウソになりますが、どちらかというと、目で見て判断できる橋より、レッドを降ろさない限り解らない水深の方で、神経をすり減らしたりします。

写真の新砂橋(曙北運河)は、桁下高(A.P+だったかな?)が橋桁側面に記入してありますが、このように船側への配慮が見られる橋は、まだ多くありません。まあ、橋の管理者はさまざまなので、国や自治体の指導でもない限り、統一された表記をするというのは、難しいのかもしれません。

橋に直接記入しなくとも、「江東内部河川通航ガイド」のように、東京の可航水路にかかる橋の桁下高(できれば、水深情報も!)を、すべて冊子にまとめていただけると、大変ありがたいのですが…。
いや、やはりお他人様の力を頼るのは、よくないですね。自腹を切って、魚探を取り付けるのが筋なのでしょう。私は釣りをしないので、単に測深のためだけになりますが、それも蓮っ葉(?)でまたイイかもしれないな、などと考えています。

さて、来る黄金週間は初出港なりますでしょうか。休み中は好天に恵まれるように、また平穏な航行を願って、明日仕事が終わったら、金毘羅さんにお参りしてきます。

(曙北運河、17年6月5日撮影)