FC2ブログ

舟運振興の動き

FI2483498_0E.jpgふと思いついて、河川舟運の振興に関するサイトのうち、以前ご紹介したものも含めて、興味深かったものをいくつかピックアップしてみました。

地域振興の見地から、あるいは災害に備えて、諸外国の水運事情に影響されて…など、動機はさまざまですが、国の機関や有志の方々が、それぞれの立場から水運の再興、治水一辺倒ではない河川利用のかたちを構想しておられ、一部は実行に移されたことを思うと、その是非はさておき、かつてを知る者には感無量なものがありました。

「東日本水回廊構想」は、提唱されてから長いので、ご存知の方も多いでしょう。北上川を中心に、活発な活動を行っている団体もあり、舟運振興構想の中でも、最もスケールが大きいこともあって、目立つ存在です。
その大きさから、全てを実現するのは難しいのでしょうが、例えば利根運河や、花見川(東京湾~印旛沼)の通船化など、ほんの一部でも実現されれば、航行可能範囲が飛躍的に広がるのが、私から見ると魅力的…。
(私だけを喜ばせてどうするか、と言われれば、返す言葉もございませんが)

一番最後に掲げた「船舶の河川航行に関する調査研究報告書」は、なかなか読み応えがありました。
荒川を行き来するタンカーでお馴染みの、川崎~浮間間・君津~和光間などの輸送について、トラックとのコストや所要時間を比較した記事、また震災時に落橋した際の、水運への影響を調査した記事などは興味深く、舟運再興を構想する側の判断材料としても、良質なものに思えました。

今日、実用交通機関としての、水運の守備範囲は、きわめて狭いことは、ここで改めて言うまでもありません。現在稼動中の水運路は、たまたま他に代替の方法がないために、生き残っているに過ぎない、と言ってよろしいでしょう。

ビジネスとしての可能性が、あまり期待できない以上、国や自治体の動きに恃まざるを得ず、そのスキマを縫うようなかたちで、趣味の川めぐりをやらせていただく、といったような現状ですが、昔を思えば、やりやすくなりこそすれ、嫌な思いをしたことなど、ほとんどありません。

難しい点が多々あることは、充分承知の上ですから…実現されなければ現状で楽しみ、実現されれば勇んでスッ飛んで行く、というくらいの気持ちでおります。
どちらに転ぶにせよ、出航できない日々、こうした構想上の水路で走る夢を、思い描いて過ごすのも、楽しいものですね。

蘇れ水の回廊 ―水際都市・幕張への試論」(幕張アーバニスト) 
豊かな地域づくり・東日本水回廊構想」(『水辺倶楽部』国土交通省東北地方整備局河川部)
舟運を活かしたモーダルシフトのまちづくり」(法政大学大学院エコ地域デザイン研究所
多摩川の河川舟運と『せたがや湊』の復活」(多摩川・リバーシップの会
淀川河川舟運構築」(国土交通省 近畿地方整備局河川部
『水の都・東京』復活へ」(東京都港湾局
江東内部河川における船舶の通航方法」(東京都建設局
地域、元気に新世紀・水都らしく」(中国新聞
信濃川・阿賀野川下流域水面利用協議会
船舶の河川航行に関する調査研究報告書」(日本財団 図書館

(荒川・17年5月5日撮影)