FC2ブログ

浦安市郷土博物館で購入したもの

FI2412234_0E.jpg(『境川東水門』のつづき)
浦安市郷土博物館の売店で、3冊の本を購入しました。いずれもA4判・並製本です。

左の「浦安 文化財めぐり」(浦安市教育委員会・平成13年発行)は、マットPP装丁、全4色の美しい印刷による、有形無形文化財のガイドです。
一読して、失礼な感想ですが、砂州の上に発達した集落である浦安に、これほどの古刹や石仏があることは驚きでしたが、言い換えればそれは、干潟がもたらした恵みが、非常に豊かであり、多くの人を養い得たことに、他ならないのかもしれません。各章の終わりに挿入された、コラム的なエピソード集も面白く読めます。

中央の「浦安のベカ舟」(浦安市教育委員会・平成11年発行)は、漁業権放棄以前の、ベカを中心とした浦安の造船技術と、周辺の文化についてまとめられたもの。
多岐に渡る工具や釘の、側・平面図がつけられているのは親切で、初めての方でも、複雑な工程を理解する助けになるでしょう。動力化船に使用された、焼玉ほかのエンジンについても触れられています。掲載の技術や工具、実船が博物館で見ることができるのは、言うまでもありません。

右の「水に囲まれたまち」(浦安市教育委員会・平成8年発行)は、太古以来の水上交通から、京葉線、湾岸道路に至るまでの交通史を中心に、浦安の歴史を説き起こしたものです。
陸上交通のみの目線で見ると、浦安橋の開通が昭和15年、東西線の開通が44年と、「陸の孤島」のレッテルにたがわないのですが、水上に目を転じると、さすが「水に囲まれたまち」、用途に応じた多種多様な船が建造、運航され、濃厚な舟運文化が花開いていました。
寄席や芝居小屋があり、周辺の町村から客を集めていたことからも、浦安が単なる漁村や、まして「陸の孤島」などではなく、古くから地域の中心的存在であり、経済力のあった町であることが理解でき、興味深く読めました。

FI2412234_1E.jpg本を買ったら、係の女性が「以前作ったものだけど、よかったらどうぞ」と、オマケにつけてくれたのが、博物館のマスコットキャラクター「あっさり君」(笑)のシールと、なんと、あっさり君の形に抜かれた海苔!
これは嬉しい余禄です。ありがとうございました。

このあっさり君、浦安の干潟の、かつての特産物であったアサリを擬人化したもので、漁師らしいねじり鉢巻を回し、やはり浦安の名物であったベカに乗っているというもの。
海苔養殖も、ベカの仕事であり、浦安の大切な産業でしたから、「あっさり君海苔」は、まさに浦安の象徴を凝縮したノベルティと、言ってよろしいでしょう。

色が淡いせいか、一瞬、あっさり君が剥き身に見えて、ギョッとしたんですけど(笑)、よく考えてみると、上に書いたような、さまざまな意味が込められていることが解り、和船をデザインしたキャラクターが珍しいということもあって、今では結構気に入っています。

(この項終わり)