FC2ブログ

浦和博物館

FI2260038_0E.jpg昨日1月26日、仕事で浦和を通過したところで、ちょうどお昼休みの時間になりましたので、かねてから訪ねてみたかった、さいたま市立浦和博物館に寄り道してみました。

堂々たる市立病院に隣接しているので、そのささやかさが際立ってしまう、入場無料の博物館ですが、建物は、明治11年に浦和宿に建てられた、師範学校校舎・鳳翔閣の一部を復元したものだそうで、小粒ながら風格のあるものです。
撮影地点のYahoo地図

FI2260038_1E.jpgこの博物館を訪ねたかった理由は、国の指定史跡でもある、見沼通船堀の展示が、非常に充実していると聞いたからです。
館内を拝見すると、なるほど通船堀関連の展示が、1階部分のおよそ半分を占めていると言ってもいい過ぎではなく、当時の品やパネル、模型を駆使して詳細に説明されており、市の誇る史跡として、後世に伝えるべく、研究されているさまが実感できました。

見沼通船堀については、これまでもたびたびお話しましたが、江戸時代に造られた、わが国の閘門つき運河の草分けの一つで、2箇所の閘門を設けて、約3メートルの水位差を克服しました。
写真は、右が関枠部(門扉)の大型模型、左が、江戸時代の見沼通船堀全体を情景としたもので、音声による説明を聞くことができました。

FI2260038_2E.jpg写真右のパネルには、「日本各地の閘門式運河」と銘打って、4つの閘門が写真とともに紹介されていました。
一見してオヤ、と思ったのは、以前こちらでも触れた、岡山の吉井水門(見沼通船堀より、52年前に完成した閘門)が紹介されているにもかかわらず、手前ガラスケース内の説明文では、「…見沼通船堀は日本で最初の閘門式運河といわれます」と、書かれていることです。

何か理由があってのことか、詳しくは解りませんが、もし、吉井水門の方が先、と判明する以前に書かれた解説が、そのままになっているのだとしたら、ぜひ訂正していただきたいと思います。

FI2260038_3E.jpg最後は、恒例(笑)のオトナ買い。
購入した書籍は5冊、ほか無料配布のパンフレットを数冊頂戴しましたが、「こんなに本が売れるのは、初めてです」と、職員の方々をてんてこ舞いさせてしまいました。申しわけありませんでした。

水路に関係するものは、写真の「見沼―その歴史と文化―」(さきたま出版会・¥1,143-+税)、無料配布の三つ折「国指定史跡 見沼通船堀」の2つ。同じく無料の、博物館オリジナル小冊子「埼玉県師範学校(鳳翔閣)とアカンサス」は、今回の項目を書くに当たり、参考とさせていただきました。

「見沼―その歴史と文化―」は、浦和地域の地質から説き起こし、太古から近代まで、実り豊かな土地を目指して、歩んできたこの地の歴史が、豊富なカラー図版とともに解りやすく記されています。
特に見沼関連の史料は圧巻で、中心人物である、井沢弥惣兵衛の業績の数々はもとより、通船堀閘門の実測図面、芝川・代用水流域に広がった、明治以降の通船会社の消長など盛りだくさん。読み物としても濃厚で、関心のある方には大いにお勧めしたい一冊です。

さいたま市立浦和博物館HP

(18年1月26日撮影)