FC2ブログ

憧れの利根運河…4

FI2199369_0E.jpg(『憧れの利根運河…3』のつづき)
水路橋の上からは、野田導水機場が間近に見えました。もうちょっと背の高い施設を想像していたのですが、こぢんまりとしていて、この中にポンプが仕込んであるとは、ちょっと意外な気がしました。主な設備は、地下にあるのでしょう。
向かって左側、正面の壁に取り付けられた銘板には、昭和50年3月竣工とあります。

この導水機場は、利根川の水をポンプアップして、利根運河を通じ江戸川に流し、東京の水道水不足を補うために造られました。
戦後しばらく、流域の余水を、排水するだけの用途に使われていた利根運河は、このとき「野田導水路」として、生まれ変わったのです。

ただ、この時点ですでに、利根川の木下から手賀沼を経て、松戸に至る「北千葉導水路」の建設が始まっていたので、それが完成するまでの、暫定的な存在でしたが…。
北千葉導水路が、平成11年に完成したため、現在の利根運河には、恐らく導水路としての役割は、期待されていないのでしょう。それを証明するように、導水機場は静まり返って、水を汲み上げている様子はなく、水路の水は流れもなく汚れて、少々臭いもしました。
運河橋や、江戸川口付近で見られた流れは、利根運河に排水する江川などの水によるものだそうです。

運河としての使命を終え、導水路としても、お役目御免となった利根運河…。
次に脚光を浴びるときは、どのような変貌を遂げるのでしょうか。

FI2199369_1E.jpg導水機場の上に立つと、ようやく、利根川の水面が見えてきました。取水口の格子の上には網が張られ、異物を吸い込まないようになっています。

明治時代、利根運河が造られた当初は、江戸川から利根川に向けて、水が流れるよう、僅かな勾配をつけた設計になっていたそうですが、明治29年7月の洪水で、利根川の河床が上がり、逆に江戸川に向けて、流れるようになってしまったとのことです。
その後も、利根川の河床は、少しづつ浅くなり続け、運河時代の末期は、当初の数倍の人夫を雇わないと、船を曳くことができないほど、流速が早くなってしまったそうです。

FI2199369_2E.jpg利根川に着きました。電車やクルマの車窓から、何度か見たことはありますが、水辺に立つのは、実はこれが初めてです。
写真は、運河利根川口の砂嘴の上から、下流側を見たところです。顔を刺す冷たい風を忘れて、水際にしゃがみ、澄んだ利根川の水に手を触れてみました。
かつて、自艇での利根川行きを夢見た身としては、感無量でした。
「利根運河さえ通船できれば、プロペラの一枚くらい吹っ飛んでも、気合でフネを利根川に持ってきたのに…」と、子供染みた妄想をしてみますが、もちろん詮のないこと。

前述のように、明治以来、堆砂により上昇を続けた河床は、戦後、高度成長期になって、セメントの骨材として盛んに川砂を採取したため、現在では逆に、江戸川より低くなっているそうです。
また、かつての運河利根川口は、現在位置より、数百m下流側にありました。

FI2199369_3E.jpg砂嘴の上から、上流側を見たところです。
この砂嘴はかなり大きく、運河利根川口の正面を、完全にさえぎるような形で突き出ており、内側には潅木の生えた茂みもあるほどで、できてから、相当の時間が経っているようでした。
浚渫もされずに、放置してあるということは、導水機場の揚水能力に障害があっても、さほど困らないということなのでしょう。もしかしたら、既に稼動状態にないのかも知れません。

対岸の上流には、鬼怒川の河口があり、河面には、いくつもの大きな砂州が顔を出していて、いかにも通船が難しそうな雰囲気ですが、目を凝らすと、何艘かの船外機艇が岸にもやっているのが見えて、なぜかホッとした気持ちになりました。
例え小型艇でも、川にフネの往来があるのは、川走り好きとしてはやはり、嬉しいものですね。

FI2199369_4E.jpg砂嘴から導水機場を見てみると、水路の至るところに、砂州というよりは、汚泥と呼んだ方が適当な浅瀬があり、やたら警戒心の強いカモさんたちの、格好の餌場となっていました…。

長年、本の上でしか知らなかった利根運河ですが、実際に訪れてみると、周囲の雄大な風景と相増し、想像していた以上に、魅力的な水路だと思いました。

魅力あふれる運河を、自艇とともに、走ることができないのは残念ですが……この内陸航路を拓くということが、単に利根運河ひとつを復活すれば、済む問題ではないということは、江戸川を何度か航行して、素人船長なりに身に沁みているつもりです。

救われるのは、利根運河が、単なる遺跡として、放っておかれているのではなく、さまざまな方面から研究され、土木史上にその名を残し、また地域の人々に愛されて、美しく保たれていることでしょうか。
(この項終わり)

(18年1月3日撮影)

【追記】利根運河の水質浄化について』(野田市HP市政の疑問にお答えします)に、最近の詳しいいきさつが掲載されていました。

北千葉導水路の完成にともない、「野田暫定導水路」としての、役目を終えた利根運河には、平常時の流水がなくなり、宅地化による雑排水の増加も手伝って、水質の悪化が懸念されていましたが、平成11年の協議により、「利根運河の環境をにらみつつ、環境用水として利根川の水を流すことが可能」となったそうです。
どのくらいの量の水を流して良いのかが、明記されていませんので、細かいことは、決まっていないのかもしれません。

なお、この記事では、野田暫定導水路としての竣工は昭和49年、北千葉導水事業の稼働開始は、平成12年4月1日とあり、他の文献と少し差があるのですが、それが解釈の違いなのか、管轄によって発令日?が違うのか、今のところは不明です。

【さらに追記】ウェブ上で公開されている、利根運河散策に役立つ地図はいくつかありますが、「ちば再発見~歴史・自然そぞろ歩記 利根運河マップ」(さわやか千葉県民プラザ)がよくまとまっており、手書きの地図も味わい深く、お勧めできると思います。