FC2ブログ

通航ガイド2題

FI2169392_0E.jpg年末の雑事にかまけて、出航はおろか、艇の整備にも行ってやれない、陸船長の罪滅ぼし(?)として、すでにお持ちの方も多いとは思いますが、2冊の河川水路誌をご紹介します。

この2冊は、航路情報だけではなく、標識の意味や規制、関連する条例や処罰についても明記してあり、江東区内の水路や、荒川を航行する方は、目を通しておいて損はないものです。
略同の内容が、下掲の各サイトにも掲載されていますから、プリントアウトして携行しても良いのですが、やはり、冊子にされたものを眺める方が、航行計画を立てるのも、ゆっくり落ちついてでき、また読んでいるだけでも楽しいものです。
いずれも無料で配布されているものですから、お近くの方はマリーナや、都河川局または、国交省の関連施設(例えば荒川知水資料館)で入手できます。詳しくは、下記のサイトを通じて、発行元へおたずね下さい。

この類の水路誌は、恐らくわが国で初めて発行されるものですので、初モノゆえの、不慣れさが目に付くのは致し方ありません。
あまり、ぜいたくを言ってはいけないと思うのですが、あえて欲を言わせていただければ…特に「江東内部河川…」については、水深・可航幅の情報、これは船舶の安全に関わりますから、ぜひ記載していただきたかったと思います。橋桁下高さがすべて明記されているのですから、このくらいは不可能ではないでしょう。

また将来は、管轄の枠を越えて(これが難しいのでしょうが)、せめて江戸川から多摩川まで、東京全域の可航水路は、一冊の水路誌にまとめて、発行していただくのが理想的ですね。
さらに、無料配布物のかたちを採ると、遠方の人が入手しにくいことや、水路誌は定期的に更新する必要があることを考えると、やはり専門の団体(財団法人・日本水路協会)にまかせた方が、万事効率が良くなるような気がするのですが…。
もちろん、現状では、海洋・港湾と河川は、はっきりと区別されており、水路協会は、海洋の図誌を管理販売する会社ですので、実現したとしても、調整が難しそうではありますが…。


「荒川通航ガイド」
A4判 中綴じ 40ページ
発行:国土交通省 関東地方整備局 荒川上流河川事務所・荒川下流河川事務所
平成17年10月発行
(『ARA』の『荒川における船舶の通航方法のあらまし』でも、ほぼ同じ内容が閲覧できます。)
こちらはマリーナで配布されていたのを貰いました。発行年月より、だいぶ早く出ていたような気がします。


「江東内部河川通航ガイド」
A4判 中綴じ 32ページ
発行:東京都建設局河川部 指導調整課・計画課
平成17年10月発行
(『東京都建設局・河川部』の『江東内部河川における船舶の通航方法』でも、ほぼ同じ内容が閲覧できます。)
すでに、本年10月9日の記事「旧中川」でも触れましたが、荒川閘門の記念式典会場、都建設局のブースで配布されていました。