FC2ブログ

新河岸川…2

FI2076129_0E.jpg(『新河岸川…1』のつづき)
志茂橋、岩淵橋をくぐり、新荒川大橋の手前まで来ました。
荒川とは、堤防のみを境に、ほぼ接しているような区間ですので、大きな橋は、2つの河川を1本でひとまたぎです。
時間は午後1時ごろですが、秋の日差しだけに、ちょっと日陰に入ると底冷えがします。新河岸川は、南側に建物や垂直護岸があり、ひんやりとした空気を水面に送ってくるので、寒さがますます身にしみるのです。
撮影地点のYahoo地図

FI2076129_1E.jpg新荒川大橋を過ぎると、右岸の堤防上には、美しく紅葉した並木道を見ることができました。D君とI君も「うわあ、キレイだなあ」と、感に堪えない様子で立ち上がり、何回もシャッターを切っていました。

こちらも、新芝川に劣らず、釣り人さんの姿が多いのですが、川幅が広いので、余裕を持って避けられる分、気が楽でした…。

FI2076129_2E.jpg堂々たるトラスをいくつも重ねているのは、東北本線の鉄橋です。

この写真を撮る直前、めったに見られそうもない、茶色い旧型の電気機関車が、たった一輌の荷物車かなにかを従えて、ゴォッと通り過ぎてゆくのに出くわしました。
回送でしょうか? 写真は撮れませんでしたが、何かトクをした気分になりました。

下の写真は、人道橋の、中の橋です。細身のアーチが、静かな水面に倒立した姿を映して、「静謐」とでも表現したくなる風情があり、寒ささえなければ、しばらく艇を止めて見ていたい情景でした。

FI2076129_3E.jpg視界をさえぎるように、横たわる箱状の建物は、川をまたいでプラットホームを設けた、埼京線北赤羽駅です。
手前の浮間橋も、結構な規模のトラスですが、嵩だかなホームが背後にあっては、端正な姿も埋もれてしまっているようで、少々哀れな感じすらします。

浮間橋手前、右岸に防災桟橋が小さく写っていますが、この前を通り過ぎたとき、桟橋上でお弁当を広げている数家族がいて、奥さんたちから「ご苦労さま~!頑張って~!」と、声援を送られてしまいました。…ナニと勘違いされたのでしょうか? 
撮影地点のYahoo地図

FI2076129_4E.jpg北赤羽のあたりから、河道は南へそれ、再び大きく北へと曲がります。今度は右岸に垂直護岸が見えるようになりました。

写真は、浮間と小豆沢を結ぶ、新河岸大橋です。右岸には大平製紙、左岸は取次の栗田出版販売と、印刷や出版流通に関連する企業が、軒を連ねています。
かつては、印刷用紙も、東京港で、本船から小型船に積み替えられ、隅田川・新河岸川をさかのぼって、この地に陸揚げされたのでしょう。
現在は、印刷用紙のほとんどが、千葉県の袖ヶ浦港に陸揚げされ、トラックで各地に配送されるそうです。

(17年11月13日撮影)

(『新河岸川…3』につづく)