FC2ブログ

閘門のリンク集

FI2042049_0E.jpg「閘門」でGoogle検索してみて、ヒットしたものの中から、興味深かったもの、役に立ちそうなものをいくつか掲げます。
「」内が、ヒットしたページのタイトル、()内がサイトのトップページです。

廃止されて、記念物となったものも含めて、全国の閘門の外観、スペック、通航方法や通航時間、休日などの、必要な情報が一覧できるサイトがあると楽しいのですが、お役所でもまだ、そういった動きはないようですね。
とりあえず、このリンク集でご辛抱下さいね(笑)。


こうして、各地の閘門サイトを見て回っていると、クルマにインフレータブルか、小さなカートッパーを積んで、全国の閘門めぐりというのも素敵だなあ、と妄想しますが、愛艇の出航日数すらかせげない昨今、妄想のままと終わりそうですなあ…。


★「水門・閘門ガイド」(利根川下流河川事務所
★「日本の閘門式運河」(国士舘大学文学部・地理・環境専攻
★「石井閘門」(宮城県
★「富岩運河・中島閘門」(とやまねっと・富山商工会議所
★「三栖閘門資料館
★「船頭平閘門」(木曽川文庫
★「鍋川閘門」(独立行政法人・水資源機構・旧吉野川河口堰管理所
★「満願寺閘門と小阿賀樋門」(阿賀野川河川事務所・阿賀野川アラカルト
★「大河津洗堰を船で通過されるみなさまへ」(大河津分水路 洗堰・可動堰
★「加藤洲閘門・舟の通過」(かすみがうら*ネット
★「近代遺産を訪ねて:九州発・三池港閘門」(読売新聞
★「新・旧北上川の分流地点・脇谷洗堰」(Mr Kappaの北上川ガイド・見どころ・歩きどころ

また、こちらは、閘門そのものではありませんが、検索結果を何とはなしに見ていたら、川走りがお好きな方のブログを発見!
across the road
小名木川はじめ、東京近辺の水路はもとより、イギリスの運河のお話もあります。narrowboatさんの著書も読んでおられるようですね。

(写真は豊洲水門、17年6月5日撮影)

【追記】昨日、「水門工学」(技報堂出版)という本を書店で発見。ぱらぱらと見て、専門的な記述が多いものの、治水の歴史や、技術の変遷についての読み物は、趣味的に見ても滅法面白く、早速購入しました。

わが国の水門や運河の歴史について、書かれた項目を読んでいたら、「吉井水門は1679(延宝7)年竣工した、わが国最古の閘門」という下りがあり、「1731(享保16)年に完成した、見沼通船堀より、さらに半世紀近くも前にできた閘門があったのか!」と、興奮しましたが、図版が入っていません。
そこで検索してみると、いくつかヒットしましたので、こちらもご紹介します。

★「県指定史跡 倉安川吉井水門」(おかやまの埋もれた歴史発見
★「吉井川」(河川局 百科事典 日本の川

この「水門工学」の技術史の項で、盛んに引用されているのが、矢野剛著「運河論」という本で、引用の仕方を見ると、どうも、今なおこれを超える運河の研究書は出ていないようなのです。
こちらも、読みたくてたまらないのですが、発行が戦前ということもあり、入手は困難だと思われます。(でも読みたいなあ…)

【さらに追記】こちらは、以前から気になっていたのですが、紹介するのを忘れていました。

★「郷愁をそそる流れ 創成川」(札幌市北区役所HP
★「創成川ルネサンス」(カムイミンタラ.net

これらによると、慶応2年から明治7年にかけて、札幌市内に開削された運河、創成川には、全長約15kmの間に、8ヶ所の閘門があったそうです。
国内で、1本の運河に、連続して閘門を設けたのは、見沼通船堀くらいだと思っていましたので、これが本当だとしたら凄いものだと、知った当時は驚いたものです。
今のところ、当時の閘門を撮影した写真や、工学的な視点で細部を説明したサイトが発見できず、起工・竣工年や閘門数も、サイトによってまちまちな部分がありますので、詳しいことは解りません。書籍をあたってみた方が早いのかも…。

【まだ追記】先日、ダム研究家・灰エースさんのサイト「ダム好きさん」を拝見。その内容の濃さ、素晴らしさにも驚きましたが、河口堰も守備範囲とされていて、その中の佐賀県・六角川河口堰に、閘門が併設されているのを見て嬉しくなり、掲示板でお尋ねしたところ、親切にご教示いただきました。以下は灰エースさんにお教えいただいた、閘門付き河口堰です。灰エースさんに、改めて御礼申し上げます。

★「長良川河口堰ホームページ
★「筑後大堰管理所

【もっと追記】灰エースさんに、再びご教示いただきましたので、追記いたします。鍋川の閘門は、上ですでにご紹介しましたが、今切川河口堰にも閘門があるのですね。
また、私にとって、身近な閘門が掲載されているサイトも、ご紹介させていただきます。(以前、扇橋閘門のサイトが見当たらない、などと書きましたが、やっぱり、私が知らないだけでした…)

★「旧吉野川・今切川河口堰の特徴」(旧吉野川河口堰管理所
★「江戸川水閘門施設概要」(八広の爺ちゃんママチャリ漫遊記
★「扇橋閘門扇橋閘門通船要領」(東京都江東治水事務所水門と排水機場を見てみよう