FC2ブログ

小名木川…4

FI1998268_0E.jpg(『小名木川…3』のつづき)

東深川橋の下から、青いトラスの西深川橋を望んだところです。

西深川橋は、橋の下をポンツン式の遊歩道が通っていて、徒歩で、橋の裏側を眺めることができます。親水施設も、いろいろ種類が豊富になってきましたね。


FI1998268_1E.jpg高橋が見えてきました。先ほどの新高橋の銘板で、お気づきの方もおられるでしょうが、「たかばし」と読みます。右側に見える桟橋は、水上バスの高橋のりばです。

そういえば、さんどさんの「追跡日記」(ニフティ・デイリーポータルZ)で、「高橋のりば。佐藤君でも乗れるのかが気になる。」という爆笑モノのキャプションつきで、紹介されていたのを思い出しました。
早速同乗のBさんにも披露して、「鈴木君や山田君の立場はどうなるのか?」なんて、バカ話の応酬をしつつ、艇を進めました。

余談になりますが、いまや姓としても一般的な「高橋」、もともとの意味は、「(船の通航に便利なように)桁を高くした橋」なんだそうです。水上交通と密接な関わりのある名前なのですね。

FI1998268_2E.jpg三径間の青いローラーゲート、新小名木川水門までやってきました。

ちょうど水路幅きっちりに設計されていて、左右にコンクリート堤防がないせいか、周りの風景にもしっくりとなじんで、好ましい雰囲気です。
船舶は右側通航ですから、右径間を通っていくべきなのでしょうが、行き会い船もないので、ここは堂々と、真中を通ることにしました。

FI1998268_3E.jpg小名木川の終点…イヤ、隅田川を基点とすれば始点ですね。この萬年橋は、小名木川の第一橋として、恥ずかしくない威容を誇っています。
そういえば、神田川や日本橋川なども、隅田川に面した第一橋は、立派に作られていますね。震災復興計画の成果なのでしょう。

以前ご紹介した、旧中川端の「江東区・中川舟番所資料館」で知られる、江戸時代の舟改めの番所は、最初は、この萬年橋近くにあったとのことです。
撮影地点のYahoo地図

FI1998268_4E.jpg隅田川の広い水面に出ました。東京の水路の銀座通りも、月曜の午前中とあって、船影はまばらです。

少しづつ、明るくなりつつある曇り空に、清洲橋の曲線美が映えて、平日であることを忘れさせます。
わずかな時間でしたが、閘門を二つくぐり、運河を抜け…都内での出来事とは思えない、心からノンビリした、浮世離れしたひとときでした。
水路好きのボート乗りらしからぬセリフと、思われるかもしれませんが、なんべん艇を出しても、この気持は変わりません。
それだけ、楽しめているということなのでしょうし、また、陸(オカ)と水面との距離が、まだまだ遠いという、証しであるのかもしれません。(小名木川の項、おわり)

(17年10月3日撮影)