FC2ブログ

「ひのくち」

FI2618278_1E.jpg先日、仕事帰りになじみの古書店に立ち寄ったら、江戸時代の挿し絵つき百科事典「倭漢三才圖會」(Wikipediaはこちら)のうちの数巻が、平台の上で、無造作にばら売りされていました。

この手の本は嫌いではないので、面白そうな巻は出ていないかしらと、手にとってぱらぱらめくっていたら…ありました。「五十七 水類」と「五十八 火類」を収録した巻です。特に「水類」の項には、川や壕、堤(土手)など、土木に関連する記事が多く、絵を眺めているだけで楽しめそうなので、買って帰ることにしました。

FI2618278_2E.jpg中でも、ひゅっと吸い寄せられた挿し絵が、やっぱりコレ! 木製の水門です。
原典である、明代の三才圖會に従い「水閘」と書かれた横には、「ひのくち」と読み仮名がふってあるのが見えます。「樋の口」の意味なのでしょう。
「ひのくち」…イヤ~、優しげと言うか、みやびと申しましょうか…扉体のすき間から、水がチョロチョロ流れてくるような、いい響きじゃないですか!

造作から見て、舟が通れるような大きなものではなく、灌漑水路の、川への注ぎ口を守るような規模のものなのでしょうが、単純な線ながら、特徴はよくとらえられていますね。
よく見ると何だか、両脇の土かぶりが浅くて、水が漏ってしまいそうな描かれ方をしていますが、これは構造を見せるため、あえてこう描かれたように思えました。

FI2618278_3E.jpg今ひとつ、ココロ惹かれた絵がこの「湊」(港)。すでにバレているとは思いますが、キャプションの漢文を読み下すのが面倒で、絵しか見ていませなんだ(笑)。

この絵はなかなかディテールが細かく、動きもあって楽しめますね。
石垣で固められた岸に、階段のある荷揚げ場、左手前には高札場も見えます。伝馬の上で櫂を立てた船頭さんは、力漕して来たのかへたり込んで、疲れた顔です。店先には帳面を手にした番頭さん、人足に指示を出しているのでしょうか。
面白いのは、右上で、荷揚げの様子を見ている風の人物が、外国人らしい風体であること、また右下に舳先をのぞかせている船も、唐船らしく描かれていることです。
だとすると、この絵は長崎をイメージして、描かれたものなのかもしれませんね。

木更津港に拾う…4

(『木更津港に拾う…3』のつづき)
FI2618277_1E.jpg水門裏を通る連絡橋の上から、船溜を眺めたところ。水郷周辺の船溜(『米島船溜』『徳島東船溜』ほか参照)に魅せられて以来、水門のある船溜というだけで、どうも興奮しがちになってしまったようです。

まあ、こちらはご覧のとおり立派で、水面も広々としており、水郷のそれのような面白さはありませんでしたが、フネブネが安心して憩う静かな水面を目にすると、やはりホッとさせられるものがあります。
撮影地点のMapion地図

FI2618277_2E.jpg船溜からは、中の島大橋のほぼ正横の姿を望むことができました。橋を透かして、新日鉄君津の工場群が遠望できます。フェリーの航路は、この橋をくぐってほぼ西に向かい、防波堤を出てから北上して、川崎を目指すコースを取っていました。港の北側は、浅瀬が広がっているのです。

検索してみたら、「木更津 中の島大橋、中の島公園」(ウンガン!)がヒット。全長236m、昭和50年の竣工だそうです。「日本で一番高い歩道橋」だったとは、知りませんでした。

FI2618277_3E.jpg船溜を離れようとして、ちょっと気になったのがこの、水揚げ設備とでも言うべきもの。

船が左の上屋の中に入ると、チェーンブロックで吊り下げられているコンベアが、目の前まで降りてきて、接岸せずとも、効率的に荷揚げができるようにしたものでしょう。陸で言えば、ドライブスルーとでも言ったところでしょうか。

FI2618277_4E.jpgときおり小雨がぱらつくような、あいにくの天気ではありましたが、子供のころ以来の宿題であった、内房の水路風景や、水辺のあれこれを堪能することができ、楽しいドライブでした。

帰りも冒頭と同じく、効果線モドキの写真を撮って遊びながら…。いえ、もちろん私は運転中で、自分で撮ったわけではありません。


(20年10月19日撮影)

(この項おわり)

木更津港に拾う…3

(『木更津港に拾う…2』のつづき)
FI2618274_1E.jpg先ほどから遠景にチラチラ入っていたので、行動が読まれていたかもしれませんが…、前回の桟橋から見ると北東方、新宿の船溜を守る赤い水門、新宿水門に吸い寄せられてみました。

似たような型の小舟が、整然と並ぶ船溜の向こう、グレーの空をバックに、真っ赤な扉体はよく目立ちます。そのまた向こうの対岸は、陸上自衛隊の木更津駐屯地で、盛んにヘリが発着していました。
撮影地点のMapion地図

FI2618274_2E.jpg正面の姿を拝んでみようと、東側の岸壁から。
上屋のある操作室は、右の堰柱のみという、左右非対称タイプなのが魅力。乗り物を見ていても、非対称に造られたモノに惹かれるたちなので、これにはグッと来ました。

ちょっと気になったのは、船溜を囲む堤防の低さとともに、扉体の天地寸法もあまり高くないこと。まあ、水門の外も、埋立地と防波堤に囲まれた内港なので、さほど心配はいらないのでしょうが、高潮が来たら、やすやすと乗り越えられそう…。

FI2618274_3E.jpg新宿水門には、扉体同様真っ赤に塗られた、人道橋を従えていました。扉体の上昇位置に桁下高を合わせた、昔でいう「高橋」です。

裏側に設けられているので、表側のディテールが隠されることもなく、水門観賞に具合のよいレイアウトになっているのは、何よりでした。


FI2618274_4E.jpg上屋が無い方の堰柱には、プレートが2枚張られていました。右が水門の銘板、左は今渡っている、連絡橋の塗装記録ですね。右のプレートの上、生えているのか、誰かが刺して行ったのか、草が一本ヒョロリと…。「ドカベン」の岩鬼を思い出させるものが(笑)。

スペックを抜き書きしておきましょう。「新宿水門 
純径間×扉高 12.1m×5.0m 開閉速度 常時0.3m/min 急降下時5m/min
製作 株式会社 田原製作所 竣工 昭和46年3月 千葉県開発庁」

FI2618274_5E.jpg扉体の塗り替えは、5年ほど前だったようですが、周囲にさえぎるものもなく、潮風にさらされる場所柄か、遠目には鮮やかに見える扉体も、塗装はかなり痛んでいました。

棚状になった構造の隅には、なぜかビールケースとパイロンが…。




(20年10月19日撮影)

(『木更津港に拾う…4』につづく)

木更津港に拾う…2

(『木更津港に拾う…1』のつづき)
FI2618273_1E.jpg桟橋を自由に歩けるのをいいことに、曳船たちの憩う姿を楽しもうと、あたりをウロウロ。

こちらの曳船たちは、まだまだ元気そう。お揃いの深緑色の塗装が素敵です。木張りの桟橋も、雰囲気抜群で、靴の裏の感触も心地よいものでした。



FI2618273_2E.jpg同じ桟橋を、少し離れたところから。

緑色の曳船たちの、後ろにもやっている青い船体は、二段式のキャブを持つ押船。本船の接岸支援に、活躍しているのでしょうか。


FI2618273_3E.jpg桟橋に接岸しているガット船を、岸辺の遊歩道から仰ぎ見るのも楽しいもの。空船なので、赤い腹を見せ、舷側を高々と上げて、排水量以上に堂々として見えます。

内港は、奥の船溜も含めて、ガット船で占領されたような状態でした。これらがいっせいに出港するときは、さぞかし賑やかなことでしょうね。

FI2618273_4E.jpg同じ船を、桟橋側から。船以上に、このコンクリート桟橋が気になったのです。

古びて表面が風化し、角も丸く落ちて、真ん中あたりは自重で凹んだのか、大きな水たまりができています。
雰囲気としては、先日紹介した、横浜の古い護岸(『新山下運河…3』ほか参照)に似たものがありますね。戦前からあるものでしょうか。

FI2618273_5E.jpgガット船のもやう桟橋の右手にある、プレジャーボートの船溜に使われているこの桟橋などは、キノコ型のビットがいい雰囲気をかもし出しており、いかにも戦前か、それ以前の建造らしい感じがしますね。

ここで思い出したのが、木更津駅の近くで食堂をやっていた、知り合いのおばさんから、子供のころに聞いたお話…。
戦前は、木更津沖は海軍の小艦艇の泊地になっており、おばさんの食堂も2階を海軍下宿として間貸ししていて、軍艦が入港すると、水兵さんたちが休暇を過ごすために帰って来たとのこと。

もしかしたらこの桟橋も、沖がかりする軍艦からの内火艇(ランチ)が接岸して、水兵さんでにぎわっていた時代が、あったのかもしれませんね。
撮影地点のMapion地図


(20年10月19日撮影)

(『木更津港に拾う…3』につづく)

木更津港に拾う…1

(『富津岬から…2』のつづき)
FI2618272_1E.jpg富津岬を後にして、知り合いを訪ねがてら、子供のころに縁のあった、木更津にやってきました。
ここは古い港町で、江戸時代は、海と川を走ることを許された唯一の船種、五大力船の出発地として知られ、河川舟運とも縁浅からぬところです。

真っ先に訪ねたのは、木更津~川崎間を運航していた、フェリーの可動桟橋の跡。廃止されてから訪ねるのは、これが初めてです。

FI2618272_2E.jpg同じ桟橋跡を、反対側から。昔、何度もフェリーに乗ったので、がらんとした港を前にして、寂しくもありましたが、乗船待ちの駐車場を含めた周囲の様子は、意外と変わっていませんでした。

桟橋跡からのぞいた向こうには、ギッシリ詰まったガット船の群れが。羽田空港の、拡張工事に参加している船たちでしょうか。

FI2618272_3E.jpgすぐ横にあった、木の床がギシギシいう桟橋には、ご覧のとおり赤錆びてくたびれ切ったような、イイ感じの曳船がもやっていました。

桟橋の上では、穴場を探しているのか、子供たちが竿を片手に駆けずり回っています。東京だったら、立入り禁止になりそうなところも、こうして気軽にお散歩でき、船と間近で触れ合えるのは、嬉しくなりますね。

FI2618272_4E.jpg遠目には廃船かな、と思えたこのサビサビ曳船、桟橋からよく見てみると、索具やフェンダー類は汚れておらず、なんとか現役のようでした。

何重にも塗られた塗料が、あばたのようにはがれた甲板を眺めていると…ところどころにコケのような、緑色の部分が。いや、塗料の色が残っているだけかしら。本当にコケが生えているとしたら、それはそれで風情(?)があるかもしれません。

FI2618272_5E.jpgもう、船体からキャビンの上までサビまみれ、船縁やルーフの縁など、板厚が薄い部分は朽ちてギザギザになり、色が残っている部分のほうが、少ないくらいです。

やっぱり、廃船かなあ…。
撮影地点のMapion地図



(20年10月19日撮影)

(『木更津港に拾う…2』につづく)