FC2ブログ

上総一ノ宮で…

FI2617896_1E.jpg11月15日は、上総方面をあわただしく巡る用事があり、日中は、ほとんどクルマで走りっぱなしでした。
幸いだったのは、天気に恵まれたことで、移動のわずかな合間に、水運趣味的に惹かれる物件をいくつか、写真に収めることができました。

東金九十九里道路をひた走り、九十九里IC付近のPAで小休止したら、かたわらを穏やかに流れるいい感じの川が…。帰宅してから調べたところ、真亀川というそうです。
撮影地点のMapion地図

FI2617896_2E.jpgこの蛇行の具合、イイですねえ! う~ん、走ってみたい! 

Google航空写真で見ると、写真のように川幅のある区間はわずかで、しかも浅瀬が多く、河口も砂が堆積しているでしょうから、とても走れそうにはないのですが(それ以前に、私の艇でここまで来るのが大変)、このロケーションの良さには、そそられるものがありますね。
カヌーなどで、走られた方はおられますか?

このあと、九十九里道路を南下したのですが、海岸沿いの河口付近には、いくつかの細長い潟湖が点在しており、これを水路で繋いで、沿海運河としたら面白いだろうなあ…などと、妄想にふけらせる地勢の良さがありました。

九十九里のような、長汀が生じる場所は、川から吐き出される砂を運ぶ、沿岸流のあるところ。当然遠浅になりがちで、潮流も強いため、船の航行は困難です。
(小型の舟の場合は、岸ギリギリに寄せて、沿岸流を利用して航行する場合もあったとのことです。)

江戸時代に開鑿された運河、小名木川・新川や、貞山堀も、私の妄想と似たような発想(笑)のもとに造られた沿海運河で、浅瀬の多い河口付近を避けて、2点間を安全な直線航路で結ぼうというものでした。
もちろん、九十九里には、運河を開鑿する必然性は無かったわけですが、砂浜の内側に、長々と横たわる潟湖を見ていたら、ついそんなことを考えてしまったわけです…。

FI2617896_3E.jpg上総一ノ宮駅前に入ったところで、ちょうどお昼になったので、昼食後、玉前神社に参拝。一宮町の地名のとおり、まさに上総国のトップの地位にあるとされた古社で、写真はその拝殿です。(玉前神社HP
ちょうど七五三のシーズンとあって、境内は、晴れ着を着た子供たちと、その家族でにぎわっていました。

その土地の神様に、ご挨拶しようという気持があるのはもちろんですが、由緒ある神社のこと、何か水運関連の碑文でもないかしらと、よこしまな期待もありました。
撮影地点のMapion地図

FI2617896_4E.jpg期待にたがわず、ありました! 大型和船に使われた、四爪錨です。和船好きとしては、見逃せない物件に出会うことができて、相好が崩れます。
錨のかたわらには、小さな石碑があって、さらにその横を見ると、最近設けられたらしい説明板がありました。要約してみると…。

この石碑は「獲錨記念碑」というそうです。
明治末、九十九里沖に沈んで、漁網に被害を及ぼしていた、この錨を引き上げるのに成功した際、漁師たちは玉前神社のご利益と喜んで、網主11名が海軍大将・東郷平八郎(のちの元帥)に篆額をいただき、その錨とともに碑を建てた…とありました。

FI2617896_5E.jpgこの小さな石碑の題字を、あの東郷提督が書かれたとは…。改めて、しげしげと見入ってしまいました。
東郷提督とこの地に、どんな縁があったのかは知りませんが、それほど玉前神社の格式が高かった、ということなのでしょうか。

せっかく説明版があるにもかかわらず、この碑が何年何月に建立されたのか、まったく触れられていませんでした。なぜでしょう? もっとも、碑文をたどってみたら、「明治37年10月29日之を記す」とあったので、ホッとしました。


(19年11月15日撮影)

(『海ほたるで…』につづく)
スポンサーサイト



しらせ、最後の南極行

(『11月11日の川景色』のつづき)
FI2617895_1E.jpg水路行の帰り道、いつものように晴海埠頭をのぞいてみたら、砕氷艦しらせが接岸していたので、寄ってみることにしました。

毎年この時期に、晴海から南極に向けて出港するので、ある種、東京港の風物詩とも言ってよい存在でもありますが、就役して20年、任務の厳しさから老朽化が進み、また後継艦の建造も決まったため、今回が最後の南極行になるとのことです。

FI2617895_2E.jpg船尾から近づくと、格納庫のシャッターが開いていて、機体を折りたたんで収まっている、輸送ヘリの姿を見ることができました。格納庫の中を見るのは初めてなので、ちょっと興奮。

ヘリ甲板下の排気管からは、補機の排気が低い爆音とともに流れてきて、あたりにディーゼル臭がたちこめていました。腹に響くような補機の鼓動、大型船ならではの息づかいが感じられて、いいものです。

FI2617895_3E.jpg上部構造の煙突付近、オレンジの塗装が、ひときわ鮮やかに映える装載艇。完全密閉型で、窓が小さく、また数も少ないのは、極地向け仕様だからでしょう。

しらせの就役を知ったのは、学校の掲示板に貼ってあった、新聞社配信の写真ニュースでした。「新型艦『しらせ』出港」というタイトルと、岸壁を離れる瞬間の空撮写真…幅の広い、頼もしそうな艦影をとらえたその写真を、胸躍らせて眺めたことを思い出します。

FI2617895_4E.jpg夕闇がせまってきました。灯がともり始めた、対岸のビル群をバックに、ひるがえる旭日旗を一枚。

しらせの出港は、この写真を撮った3日後の11月14日。たくさんの見送りの人々や、上空を乱舞するヘリの群れに送られて、最後の任務に旅立って行ったそうです。


FI2617895_5E.jpgふと沖を見ると、水上バスや屋形船が、迂回航路を取って、次々としらせに近寄っては離れてゆきます。
最後の出港が近いこともあり、名残を惜しんでの乗客サービスなのでしょう。

しらせの巨体の横を、小柄なフネブネが、舷灯やイルミネーションを光らせつつ、寄り添うようにして航過する姿は、なかなか胸に迫るシーンで、映画の一場面のようでした。
撮影地点のMapion地図

(19年11月11日撮影)

(この項おわり)

11月11日の川景色

(『北十間川西端部…3』のつづき)
FI2617894_1E.jpg北十間川を出て、帰途につくことにしました。途中、橋の上から垂れる釣り糸を、鼻っ先で気づいてかわす(危険なので、橋の真ん中で釣りはしないでいただきたいデス…)などしながら、横十間川をゆるゆると南下します。

以前も紹介した、亀戸乗船場の前を通過。岸壁にある東屋は、近所の人にとって、格好の憩いの場になっているようで、この日も、談笑する人影が見られました。
撮影地点のMapion地図

FI2617894_2E.jpg小名木川との十字流にほど近い、大島橋をくぐると、クレーン付きの台船が数隻もやって、なにやら工事中でした。

台船に横付けしている曳船が、これまたイイ感じにくたびれて、惹かれるものが…。船首のわずかな傾斜以外、シアのないずん胴な船体、塗料がはがれた上から塗り重ねた凸凹の肌、それに木甲板と、魅力的なパーツが盛りだくさんでした。

FI2617894_3E.jpgおおっ、これは貴重な木造曳船…喫水線下はわかりませんが、少なくとも、上部構造は木製の船です。

分厚いブルワーク、まろやかな曲線を描くスターン、木の地肌が見えるシュラウド…、曳船はやはり、このスタイルでなくては! 乗ってみたいなあ…。
できることなら、末永く現役でいてほしいものです。
撮影地点のMapion地図

FI2617894_4E.jpg扇橋閘門を出た直後、小名木川と大横川の十字流で、桜並木が美しく紅葉しているのに出会いました。

あいにくの曇り空なので、写真写りが今ひとつなのが残念でしたが、潮時さえ良ければ、このまま紅葉を追って、大横川を南下したくなるほどの鮮やかさでした。
撮影地点のMapion地図

FI2617894_5E.jpg高橋と、新小名木川水門の間の桜も、まだ緑の部分を残しながら、葉を紅に染めていました。
今年は暖冬のせいか、街路樹も色づくのが遅かったようですが、水辺もようやく秋の装いとなり、船遊びには少々ツライ季節の到来を告げているようです。

寒がりの私にとっても、ツライ季節ではありますが…。さて、今年はあと何回出港できるかな…。
撮影地点のMapion地図

(19年11月11日撮影)

(『しらせ、最後の南極行』につづく)

北十間川西端部…3

(『北十間川西端部…2』のつづき)
FI2617893_1E.jpg西十間橋を過ぎると、河道はゆるく北へ曲がり、すぐに次の京成橋が見えてきます。

ちなみに水深ですが、おおむね2m弱~1m台と浅いものの、水底の地形に凹凸もなく安定しているので、特に不安はありませんでした。


FI2617893_2E.jpg京成橋に近づきました。その名のとおり、京成電鉄のかつてのターミナルであり、本社社屋もある押上駅を間近に控える橋です。

桁側面には、ひらがなで橋名が書かれているのですが、塗料がところどころ剥落し、しかも色あせているので、よく見えません。
撮影地点のMapion地図

FI2617893_3E.jpg京成橋の西側です。橋脚でおわかりのように、東側は新たに増設・拡幅された部分で、こちらは水切りの石組みや、桁の造作から見て、戦前の竣工のようですね。

高欄にはステンドグラスがあしらわれるなど、最近の改装であることが見て取れます。


FI2617893_4E.jpg京成橋をくぐった直後の風景、ここで河道は少し南に曲がります。
手前側の護岸が、新しくなっているところを見ると、いよいよ新東京タワー建設にともなう、水辺の整備が始まったのでしょうか(早とちりかな?)。

そういえば、この先にあるのは東武橋、京成橋と似て、東武鉄道の本社に隣接する橋ですね。業平橋は、かつて広大な貨物ヤードがあり、秋葉原や隅田川貨物駅同様、鉄道と水運が接続する土地柄でもありました。

FI2617893_5E.jpg水深は1mと少しと浅いものの、まだまだイケそう…などと、漫然と200mほど走ってから、ようやくハッと気づきました!
ここは確か、通航禁止区域じゃなかったっけ?

江東内部河川唯一の、「船舶等通航禁止区域」が、まさにここ…京成橋~東武橋の間だったのです。うっかりしていました。お役所に言いつけないでくださいね!

この先、小梅橋近くで、水位低下化区域は終わり、北十間川樋門で区切られた向こうは、隅田川に直結する感潮域です。
写真にも小さく写っていますが、東武橋近くの屈曲部には、水面に水質浄化装置が浮かべられているので、そこが実質的な可航域の終点でしょう。

さて、ここで戻らなければいけません。ご覧のとおり水路幅は狭く、転回しようと舵を切ると、艇の全長より少し広い程度…およそ7m弱くらいと見えました。
幸い、低水敷の護岸は船首先端より低かったので、ほぼ喫水線長だけで回すことができ、しかも西側から微風が吹いていたため、側面積の大きい船首側が自然と東に振られて、楽に回頭することができました。

横十間川との丁字流から、わずか700m弱。まだ未整備の部分が多く、江東内部河川のうちでも、辺境(失礼)の感がある北十間川西端部ですが、新東京タワーの建設にあわせて、新たな水辺整備も計画されているとのことです。
一般の艇も入ることのできる、素敵な水辺に生まれ変わるといいですね。
撮影地点のMapion地図

(19年11月11日撮影)

北十間川西端部…2

(『北十間川西端部…1』のつづき)
FI2617892_1E.jpg十間橋をくぐると、人の声がしたので振り返ったら、お祖父さんらしい男性に連れられた子供が、笑いながらこちらを見ていました。

実は、この区間に入るとき、ちょっと抵抗があり、「今日は『川に呼ばれていない』かな…」と感じていたのですが、二人の顔が、なんともいえずいい表情だったことから、スッと気が楽になって、肩の力が抜けました。ありがとう!
撮影地点のMapion地図

FI2617892_2E.jpg十間橋近くの南岸には、写真のように波板張りの家屋が、護岸に沿って連なっています。屋並みの向こうには、道があるようですから、おそらく河岸地のなごりでしょう。

曇り空と相増して、どこかうら寂しい雰囲気ではありますが、江戸以来の歴史ある水路ですから、かつての姿をあれこれ想像しながら走るのも、また楽しいものです。

FI2617892_3E.jpg西十間橋です。手前には太い水管橋がまたぎ、その下には、鋼矢板むき出しの基礎護岸が張り出すなど、橋のおとなしいデザインがミスマッチと思えるような物々しさです。

何より基礎護岸で、ぐっと狭まった水路幅には、少々緊張させられます。うまく通れるかな…。

FI2617892_4E.jpg西十間橋をくぐってから振り返ると、東側は中央に、西側は橋詰に張り出しのある、左右非対称の橋であることがわかりました。

橋の上には、小さな木が植えられているのも見えるなど、散策路としての心配りがうかがえます。
撮影地点のMapion地図

FI2617892_5E.jpg護岸越しにのぞく、船宿の看板にも、船の往来が盛んだったころの歴史がしのばれます。

かつてはこの船宿も、店の前にダシ(桟橋)を設けて、持ち船をもやっていた時代が、あったのかもしれませんね。



(19年11月11日撮影)

(『北十間川西端部…3』につづく)