FC2ブログ

深川江戸資料館と清澄庭園

FI2617648_1E.jpg前回と、話が前後して恐縮ですが、1月7日の午後は、江東区・深川江戸資料館を訪ねました。

当館は、幕末の江戸の町を切り取った形で、屋内に復元展示していることで有名ですが、私がここに、吸い寄せられた理由はただ一つ…水路都市・江戸のハイヤーとも言うべき、猪牙舟(ちょきぶね)の実物が展示してある、という不純な理由(笑)から、以前より狙っていたのです。

天気の良い連休とあって、館内はかなりの賑わい。半地下になっている展示室に入ると、最初は薄暗く、足もともよく見えなかったのが、次第に明るくなって、街並みの全貌が見渡せるようになりました。20分毎に照明を落とし、昼夜を表現しているのだそうです。

復元された街は、天保年間の終わりごろの、大川端・永代橋も間近い、油堀に面した下橋際・佐賀町の一角という設定。割長屋や木っ端葺きの八百屋といった、一般の人の住まいから、瓦葺の大店や土蔵もあり、堀端には舟宿、そして堂々たる火の見櫓まであります。一軒一軒に、どのような職業の住人が住んでいるか、細かい設定がなされており、座敷に上がって、家財道具に手を触れることができます。

目指す猪牙舟は、舟宿のまん前、油堀を想定した水面に、本当に浮かんでいました。わずかな広さの水面ですが、ちゃんと浮かんで、かすかに揺れている和船を見るのは、実にいいものです。むしろや舟行灯、櫓(ろ)といった小道具がちりばめられ、今にも船頭が現れそうな、臨場感あふれる雰囲気に作られていました。

例の如く、館内は見てのお楽しみということで、詳しくは、江東区深川江戸資料館のHP(こちら)をご覧ください。

FI2617648_2E.jpg出かけたのが午後だったので、資料館を出ると、すでに日は傾きかけていたのですが、せっかく来たのだからと、すぐ近くにある清澄庭園を拝見。
少々風が強く、肌寒くなってきたものの、屋敷地の多かった、かつての深川の残り香をかいだ気分で、楽しいお散歩となりました。

いただいた二つ折りの刷り物によると、一説には、紀伊国屋文左衛門の屋敷跡とされており、のち享保年間(西暦1716~1736年)に、関宿城主・久世大和守の下屋敷となり、庭園の元がかたちづくられたとのこと。
高瀬舟が行き来した、江戸~銚子航路の要衝、江戸川流頭に位置する関宿の殿様が、やはり水運の要であるこの地に、お屋敷を構えていたのですね。

FI2617648_3E.jpg池には4つの島が浮かんでいますが、そのうちの一つ、中の島には、よい雰囲気の土橋が架けられていました。

土橋とは、木の桁橋の上に、路面として土を敷いたものです。昔の写真を見ていると、縁の土止めの部分には、わざと背の低い草を生やしたりする例が多かったようです。土の崩れを防ぐとともに、橋を風情ある外観にするという、効果もねらったのでしょう。
この土橋は、架け替えられて、まだ時間が経っていないのか、またはまめに手入れをしておられるのか、土の上に敷かれた砂利も均されて、桁の丸太も若々しい色です。
東京では、もう庭園の中でしか、お眼にかかることのできない型ですが、このように素朴な橋の下を自艇でくぐったら、さぞ楽しいでしょうね。
島からぐるりを見渡すと、池のそこここには、可愛らしい水鳥や海鳥が群れて、来園者に餌をねだっていました。

FI2617648_4E.jpgこちらは、入口近くの、「長瀞峡」と名付けられた水路に架かる、石の筋違橋。この型は、もともと木の板で造られていたものを、庭園向けに石橋としてモディファイされた、と見て良いでしょう。
ほんの短い橋ですが、幅の狭さにちょっと緊張つつ、足をしっかり、踏みしめるようにして渡りました。

庭園の池は、かつては浜離宮と同様、隅田川より水を引き入れており、干満によって表情を変える、いわば感潮庭園でしたが、現在は雨水でまかなっているとのことです。

清澄庭園の詳細はこちら公園へ行こう! 清澄庭園)をご覧ください。

FI2617648_5E.jpgでまあ…パターンではありますが、水路バカとしてはですね、お散歩の最後はやはり、小名木川に吸い寄せられて終わるわけです(笑)。
夕焼けを浴びるビル街をバックに、かつて、利根川通いの外輪汽船ターミナルがあった、高橋を撮ってみました。

もう一回くらい、“厳寒期航行”しようかなあ…。
撮影地点のMapion地図


(19年1月7日撮影)

【2月15日追記】3段目、本文一部修正、5段目、誤記を訂正しました。

免許の更新を…

FI2617647_1E.jpg…するための講習を受けに、去る1月17日、船の科学館の羊蹄丸(『宗谷と羊蹄丸』参照)に行ってきました。もちろんクルマではなく、小型船舶免許です。

ン年余りの長きに渡り連れ添った、4級免許ともこれでお別れ。法改正により、旧4・3級は2級に統合されたため、今回の更新で、晴れて2級免許保持者となりました。

講習の会場は、クルマのように常設されているわけではなく、多くは、公共施設に講師を派遣する形で行われます。免許の更新期限が近づいたら、自宅や勤め先の近くで開催される、講習の日時をあらかじめ調べて、申し込んでおくわけです。

FI2617647_2E.jpg講習会場の予定表を見ていたら、羊蹄丸での講習があることが眼に入り、道々港湾風景や、フネブネの姿を楽しめるわい…とほくそ笑み、即決定(笑)。もちろん、平日なので、のんびりはできませんが、いい気分転換になります。

ところが、当日になってみると、結構な雨降り…悪いこと(?)は、できないものですね。それでも、篠つく雨に打たれてたゆたう、何隻かの姿を眺められて、よい気晴らしになりました。

上の写真は、水産庁の漁業取締船、白竜丸。船の科学館前、宗谷と並ぶ桟橋にもやっていました。この位置から見ると、舷側の流れるようなラインが強調されて、実に格好よく見えます。(詳細は『漁業取締船 白竜丸水産庁HP

下は、羊蹄丸左の、海上保安庁桟橋に憩う、巡視艇まつなみ。大型の上部構造物が印象的ですが、迎賓艇としての装備(貴賓室、会議室ほか)があるため、ほかの巡視船とは、だいぶ異なるシルエットを持っています。お客様がないときは、使われていないと思われるかもしれませんが、そんなことはなく、通常の巡視船同様の業務も、ちゃんとこなしているそうです。
(詳細は『三管区の主な巡視船艇海上保安庁HP

(19年1月17日撮影)

水郷の鳥瞰図

FI2617645_1E.jpg佐原で手に入れたものの中で、一番嬉しかったものがこれです。

BERANN'S PANORAMA 水郷佐原」とタイトルの入った、水郷を中心に下利根全域を一望した絵柄の、美しい鳥瞰図。さっそく、玄関に貼ってみました。
昨年訪れた水郷の十二橋や与田浦、横利根閘門(『魅惑の水郷…1』ほか参照)、それに潮来や鹿島港と、細かく描き込まれた山河をのぞき込んで、平水域の理想郷に思いを馳せています。

玄関の、反対側の壁にはすでに、一昨年から東京の鳥瞰図が貼ってあるので、水路バカの家(笑)の玄関としては、えらく楽しい環境になってきました。

余白の隅には、「ハインリッヒ・C・ベラン 1994」と、コピーライトの記入がありました。私は初めて目にする名前だったので、Google検索して(検索結果)みると、なるほど、鳥瞰図の作者として、有名な方だったのですね…。お恥ずかしいことに、ちっとも知りませんでした。

こうして、二つの鳥瞰図を見比べてみると、私の好みとしては、どちらかというとベラン氏より、黒澤達矢氏(東京の鳥瞰図の作者)の作風の方が、性に合うようです。

もちろん、どちらも素晴らしい絵で、優劣はつけがたいのですが…。ベラン氏は筆遣いがおおらかで、道路などは遠近に関わりなく、実線で済ませたりするのに比べ、黒澤氏はディテールをきっちりと描き込まれ、また遠景に至る表現も細やかで、画面に奥行きがあるように感じられるからです。ベラン氏が外国人であるということを、考えに入れた上で評価しなければいけないのでしょうが…。

ともあれ、東京の川景色のみならず、大好きな水郷をも、こうして一望のもとにできるようになり、玄関に立つ時間が、ついつい長くなってしまう今日このごろ。ちなみに販売店は、前回紹介した本と同じ、佐原の忠敬茶屋です。

(19年2月9日撮影)

水郷・佐原の本

伊能忠敬記念館で、例のごとく本をオトナ買い(笑)しようと、期待に胸をふくらませていたら、グッズ類の販売は一切なし(涙)…。
肩を落としていたら、いただいた観光マップに、佐原三菱館ならびの「忠敬茶屋」(お店の紹介はこちら・エリア情報『まちの風』香取市)にありとの情報が! 
勇んで行ってみると、佐原・伊能忠敬関連はもとより、利根川に関する本まで、実によく揃っています。昨年、千葉県立中央博物館・大利根分館(旧・大利根博物館)を見学した折には、品切れだった本も手に入れることができて、大満足でした。

今回購入した本の中から、水運関連で面白かったもの、4点を以下にご紹介します。

FI2617646_1E.jpg「水郷の生活と船」 (千葉県立大利根博物館・平成17年12月発行、A4判)
その名のとおり、地域的な農舟や渡し舟から、江戸通いの高瀬舟まで、下利根・霞ヶ浦・北浦を含む、広義の水郷に関する、河川交通の史料が総覧できる本です。
特に、年代別の渡船場分布図は興味深く、明治36年、昭和7年、27年、56年と、時代を追って減ってゆく渡船場の状況を見ることができます。27年当時でも、80ヶ所近い渡船があったのは驚きです。
板図(和船の側面図)など、4色刷図版も豊富で、眺めているだけでも楽しい編集。印旛群安食の料亭に、離れの座敷として残っていた、最後の高瀬舟の調査報告(昭和51年調査)も圧巻で、多くの写真や見取り図のほか、上側面図・各断面図の、折り込み図面2枚がついています。

「水郷 水のさとに生きる」 (千葉県立大利根博物館・平成16年5月発行、A4判)
発行と同年に行われた、企画展の図録で、やはり4色刷図版が豊富です。こちらは、水郷十六島の生活史を中心に、徳冨蘆花や田山花袋、若山牧水といった、水郷に魅せられた文人墨客の逸話もあり、ゆかりの品々とともに詳しく紹介されています。
水上交通に関する写真も多く、外輪蒸気船や、水郷汽船会社に代表される航路が、水郷の発展に寄与し、またその魅力をいや増したことが感じられます。

FI2617646_2E.jpg「佐原の歴史散歩」 (島田 七夫著・たけしま出版・平成10年6月発行・A5判)
佐原のタウン誌「リヴラン佐原」に、27回に渡り連載された記事をまとめたもので、320ページ余の大冊です。
現在は香取市となっている、旧佐原市域の小野河畔から香取、津宮、水郷までを5つの区域に分けて、史跡や故事来歴を詳しく紹介。水運時代の小野川や、石造アーチ時代の協橋など、貴重な写真も多数掲載されています。地元の方ならではの行き届いた記述で知識欲も満足、散策のお供にも、佐原研究の入門書としてもお勧めです。今回記事を書くにあたり、参考にさせていただきました。

「伊能忠敬」 (水郷佐原観光協会発行・平成16年1月改訂三版・A4判)
中綴じ44ページのハンディな小冊子ですが、中身はなかなか濃厚。前半部の、記念館収蔵品の写真も多数あり、記念館見学後に開くと、より理解が深まるでしょう。後半は収蔵品リストと関連年表ですが、各所につけられた注釈だけ拾っても、面白く読める詳しさです。

本書は、測量家としての面だけに限った紹介ですので、個人的には、伊能家の水運業者としての側面(高瀬舟2艘、五大力船1艘を持っていたそうです)も知りたいと思い、他にも、「新考 伊能忠敬」(伊藤一男著・崙書房)を買って読んでみたのですが、あまり詳しく触れられていませんでした。今後の研究に、待つ部分なのかもしれません。

伊能忠敬記念館

FI2617644_1E.jpg(『佐原と小野川…5』のつづき)
やはり佐原に来たからには、こちらを訪ねなければウソだろうと、伊能忠敬記念館を見学。土蔵造りに似せた建物は、まだ新しいのですがよい雰囲気で、周囲の町並みとなじんでいます。
例によって、館内の撮影はできませんから、詳細は、伊能忠敬記念館HPをご覧ください。

地図の素晴らしさや、高齢となってから新たな道に入り、大業を成し遂げた忠敬の業績については、よく知られたところですので、その道の書籍やサイトにゆずりましょう。
個人的には、教科書や歴史の本で、何度も写真を目にした、量程車や各種羅針(方位磁針)などの精密測量機器を、こうして目の当たりにして、この時代の加工技術は、大したものだったのだなと、つくづくうならせられました。

子供のころ読んだ本で、幕末、現物を見たこともない一市井人が、参考書だけで舶載蒸気機関の模型や、実物を作ってしまう、という話があり、しかもそれが一人や二人でなかったことを後で知り、大いに興味をそそられたのを覚えています。機械の構造を理解するセンスと、作り上げる技術を持った人たちが、この時代、少なからず存在していた事実は、ちょっとした感動でした。
その人たちの存在のあかしを、これら測量機器の精巧さに、かいま見たような気がしたものです。
撮影地点のMapion地図

FI2617644_2E.jpgこちらは、現在地に移転する前の、旧記念館の建物です。樋橋前の、伊能忠敬旧宅敷地内にあります。
現記念館に比べると、簡素な外観ですが、築50年ほどでしょうか、この時代の建物らしい、質素な感じは悪くありません。あまり痛んでいないところを見ると、何か別の用途に使われているのでしょうか。

この後、現記念館の向かって右側にある、和風喫茶店「遅歩庵いのう」に入ったら、なんとそこが現在の伊能本家で、ご夫婦は忠敬のご子孫とのこと。古い家を維持していくには、大変なご苦労をされている旨、お話を興味深く伺いました。
撮影地点のMapion地図

FI2617644_5E.jpg駆け足で見て回った、霞ヶ浦・あんば様・佐原と、大水運時代ゆかりの地を訪ねた1日…終わりはやはり、伊能忠敬の銅像で締めくくりたいと思います。

佐原市街の西外れ、諏訪公園にある、測量器具を携えて彼方を見やる、凛々しい忠敬像です。大正はじめの開設という公園は、門柱や器具類に痛みが目立ち、ちょっと寂しい感じがしました。

銅像の原型は、靖国神社にある、大村益次郎像の作者として有名な、大熊氏広が作ったそうです。竣工は大正8年とのこと。
白い台座に刻まれた漢文は、「仰いで斗象をみ、俯して山川を画す」と読み下すそうです。訳すとすれば…空を見上げては星を調べ、机に向かっては大地をえがいた、といったあたりでしょうか?(自信なし)。忠敬の業績を、短い言葉の中で、よく表わしています。 

一見、川っプネ趣味とは何の関係がないようにも思えますが、彼もまた、水運全盛期の恩恵が生んだ傑物の一人だと思うと、なにやら、浅からぬ縁を感じてしまうのです…。

(19年1月3日撮影)

【2月10日追記】一段目、誤字を訂正しました。また、3・4段目の本の紹介を、次項「水郷・佐原の本」として独立させました。
【2月15日追記】3段目、誤記を訂正しました。

(この項おわり)