FC2ブログ

平成7年8月・江戸川…1

FI2105300_0E.jpg私が、三浦半島のマリーナを母港にしていた平成5年夏、通運丸に代表される、かつての利根川航路に魅せられて、江戸川遡行に挑戦し、あえなく敗退したことは、過去の記事で、すでにお話ししました。

今回はその後、平成7年8月に再挑戦して、前回よりは上流まで行けたものの、やはり尻尾を巻いて逃げ帰ってきた、その一部、最終到達点付近の写真を、恥ずかしながら、何点かご覧に入れます。

最初の写真は、武蔵野線の江戸川橋梁を、上流側より撮影したものです。
アルバムには、「8月2日~6日」とありますので、2日朝に三浦を出発、デッドスローで、慎重に澪筋を確かめながら江戸川を遡り、この時点ではもう、午後遅かったはずです。

河口から30km余り、頭の皮が張るほど緊張の連続で、ようやくたどりついた未踏破の水面でした。
この日は、利根運河江戸川口で碇泊し、夜を明かすつもりでしたので、目的地まではあと一息でした。
撮影地点のYahoo地図

FI2105300_1E.jpg武蔵野線橋梁、流山橋をくぐってしばらく行くと、水面から橋脚だけがぽつぽつと顔を出した、橋の遺構が見えてきました。橋脚の短さから、潜水橋(増水時は水没する構造の橋)であったことは、想像がつきました。

岸から見れば、遺構として興味深いものですが、当時10ン年落ちのポンコツ艇に乗る身としては、不気味きわまりない存在です。

「落下した橋桁が、沈んでたりしていないかしら…?」と、スロットルをますますしぼり、エンジンのチルトはさらにアップにして、こわごわ橋脚の間を抜け、何事もなく通過した時は、ホーッと息を吐いたものでした。

この橋脚群、まさかウェブ上の地図には、掲載されていないだろう、と見てみたら、意外や、きちんと表示されていて、驚きました。
橋脚までちゃんと記入してあるYahoo地図!】

FI2105300_2E.jpgこの写真は、どういうつもりで撮ったのか不明ですが、画面右下、わずかにハルの一部が見えることから、上流に向かって、左舷側を撮影したことが解ります。おそらく、潜水橋の橋脚を、過ぎた直後の風景でしょう。

下に述べた引き返し地点も、この写真のような、潅木や草むらが岸まで迫り、なにか渓谷のようなおもむきだったのを、今でもハッキリ思い出します。

確かこの近くだったと思いますが、中学生くらいの男の子数人が、岸で水遊びをしており、私の艇を見つけると、喚声を上げてしばらく追って来た、なんてこともありましたっけ…。(もう遠い目)

FI2105300_3E.jpg高速道路が見えてきました。常磐自動車道の流山IC付近で、上流側よりの撮影です。
残念ながらこの写真が、実質、もっとも上流で撮った写真になりました。

この少し上流が、引き返し地点なのですが、アワを喰っていて、写真を撮るどころの状態ではありませんでしたから…。
撮影地点のYahoo地図

両岸に草むらが迫る、川幅の少し狭まった、流れの早いところにさしかかったとき…
「ごぉいぃん」
と、えらい音がして、たまげました。まあ、一生忘れられない音です。

エンジンは、プロペラが水面上に出るか出ないか、のギリギリまでチルトアップし、舵利きを維持できる最微速で、しかも前方のさざ波一つにも、細心の注意をしていたにもかかわらず、暗岩かなにかに、ペラが直撃してしまったのでしょう。
不運としか、言いようがありません。

エンジンは停止し、艇は流れに回され始めました。あたふたとバウに走り、アンカーを放り投げて、錨掻きを確認すると、エンジンを一杯に上げて、ペラの状態を確認。3翼あるペラのうち、一枚の先端が、数cmに渡って醜く曲がり、最初にぶつかったと思われる部分は、欠けてしまったようでした。
恐る恐る、エンジンを元に戻し、キーをひねると、なんとか始動! レバーを倒すと、前後進とも異常なく回転し、軸はやられていないと、安堵しました。しかし、ペラの曲がり方はひどく、高速回転はどう見ても無理です。

今考えれば、低回転でしたら、問題なく航行できるのですから、せめて目前に迫った利根運河を見てから帰れば、よさそうなものですが、アワを喰っていた当時の精神状態では、「突破するより引き返せ!」なることわざ(?)を脳裏に描くのが精一杯…。あっさりと回頭して、引き返してしまったのです。

おかげで、利根運河を目指すより、危ない目にあうことになりました。
引き返し地点はこのへんと思うYahoo地図

FI2105300_4E.jpg流山を過ぎたあたりで、もう夕方といってもよい時刻でしたので、デッドスローで河口近くまで帰るとなれば、当然ながら、途中で日が暮れ始め、行程の半分は、夜間航行となってしまいました。

両舷灯、マスト灯を点灯し、頭を振り絞って澪筋を思い出しつつ、抜き足差し足の、まさに手探りです。
こんなに長い時間、夜間航行をしたのは初めてだったので、新鮮ではありましたが、今振り返れば、なんでこんな危険なことをしたのか、さっぱり説明できません。どこか適当なところで、停泊して夜を明かしたほうが、よほど安全であることは、言うまでもないからです。
まあ、浅瀬の多い水路を、夜間航行できたという意味では、いい経験にはなりましたが…。

写真は、これも場所は不明ですが、帰途に撮影した唯一のものです。
この夕焼けを見て、里心がついたのかもしれませんね。

(『平成7年8月・江戸川…2』につづく)

旧綾瀬川…2

FI2103353_0E.jpg(『旧綾瀬川…1』のつづき)
隅田水門を、通過直後に振り向いて撮影。

いくら東武線の橋下が低いとは言え、なあに、こちらは木っ端舟よ、とタカをくくっていたのですが、接近してみると、どうもマストの先端をこすってしまいそう…。
慌てて後進をかけて行き足をゆるめ、D君にマストをたたんでもらって、橋のウラを見上げながら通過。
満潮時に来たのは初めてですので、油断しておりました。危ない危ない…。

FI2103353_1E.jpgこうして、改めて間近で見ると、背後はもとより、前面も、高い位置に橋がかかり、水門さんも少々居心地が悪そうに見えます。

この隅田水門、東京水辺ラインの水上バスが通る、不定期ながら旅客航路(案内はこちら)でもあるのですが、水上バスですと高さはもとより、幅もギリギリですので、ここを通るときはスリル満点でしょうね。


FI2103353_2E.jpg荒川を寒さに耐えつつ下り、荒川閘門の近くまで戻ってきたら、3時過ぎとはいえ陽は大きく傾き、もう夕暮れ時のおもむきでした。

荒川閘門のちょうど真上に、夕日が来るようにして、名作写真?をものしようと企んだのですが、ご覧の通り、オカは逆光でつぶれてしまい、見事に失敗してしまいました。

FI2103353_3E.jpg荒川閘門の正面近くまで来て、ふと見ると、電光掲示板に一時待機の表示が…。
日曜日で休みのはずの閘門が、稼動しているのです。先ほどのレガッタ競艇の行事と、何か関係があることは察しがつきました。

同乗のD君、I君とも、閘門通過を体験したがっていたので、これにはかなりくやしい思いをしたようですが、上に書いたような話をして、恐らく一般艇の通航はできないだろう、と説明しました。

お上にも、色々とご都合はありましょうが、やっぱり、日曜日には動かしてほしいですねえ。最初は、この閘門ができたというだけで嬉しく、感謝もしていましたので、「日曜がダメなら、なあに、休みを取るさ」という気持でしたが…。
休日に稼動していた方が、ボート乗りの方々にとっても、ずっと親しみやすいでしょうし、水上バス航路の申請でも来た日には、まず休日を運航日にしないと、お客さんも乗ってくれないでしょうしね…。

まあ、個人的には、有料でも、隔週でもいいんですが…。
この閘門の、堂々たる威容に惹かれる一人としては、やはり少しでも多くの方に、閘門通過の楽しさを味わってもらい、親しんでもらうのが、閘門にとっても幸せなのではないかと思えるからです。

(新芝川・新河岸川・旧綾瀬川の項、おわり)

(17年11月13日撮影)

旧綾瀬川…1

FI2102732_0E.jpg(『新河岸川…4』のつづき)
水っパナを垂らさんばかりに(下品なたとえでスミマセン)ちぢみあがりつつ、3時1分、旧綾瀬川河口に到着。久しぶりにこちらを通って、荒川に出ることにしました。

この川も当ブログ初登場ですので、全行程をご紹介します。といっても、約500メートルの、ささやかな水路ですが…。

第一橋は空色のアーチ、綾瀬橋。頭上と前後を、首都高6号向島線の桁や橋脚に囲まれて、若干窮屈そうですが、いかにも「分け入ってゆく」といった雰囲気で、嫌いではありません。

FI2102732_1E.jpg頭上に道路があっても、以前掲載した古川と違い、高さがありますので、さほど圧迫感はありません。

むしろ、大きなガントリークレーンを備えた、造船ドックに入渠した気分で、ワクワクしてしまいます。…やっぱり変わってるのかしら…。


FI2102732_2E.jpg隅田水門が見えてきました。このブログの初めで紹介しましたが、ここ旧綾瀬川は、荒川開削時に、中川と同様「東西分断」された、その西側部分です。

水門の手前に見える電車は、東武伊勢崎線の電車で、このすぐ左に堀切駅があります。水門の前後の僅かなスペースに、線路敷や車道・人道橋が集中し、ために見通しの非常に悪い水路となっているのが、お解りいただけるでしょうか。
開口部の左、垂直護岸の側壁に、大きな鏡が取り付けられているのが見えますが、水路がこちらから見て、少し右に曲がっているため、いわばカーブミラーとして設けられたものです。

FI2102732_3E.jpgここまで接近して、ようやっと荒川の水面が見えるくらい、水路の幅が狭く、高さも低いのです。

数少ない、隅田川と荒川の連絡水路でありながら、船長諸兄はこの狭隘さに怖気をふるうのでしょう、過去に利用した時も、行き合い船に会ったことはありません。…賢明なご判断だと思います。
私はこうして、おもしろがって通ったりしますが…。
撮影地点のYahoo地図

(17年11月13日撮影)

(『旧綾瀬川…2』につづく)

新河岸川…4

FI2099938_0E.jpg(『新河岸川…3』のつづき)
志村橋をくぐって、すぐの様子です。川幅がずいぶん狭まってきました。
このあたりは、浮間ヶ池など、新河岸川や荒川がかつて、曲がりくねっていたころの旧河道の名残が、いくつか見られるところです。

しばらく行くと、右岸にまた例の看板が出現。お上のご都合とあらば、もちろん致し方ありませんが、さらにやる気が「ひゅっ」と、音を立てて萎えてしまいました…。

FI2099938_1E.jpg良好な陽当たりにもかかわらず、五臓にしみとおるような寒さに、丹田に力を入れて堪えつつ(大げさですネ)、中央に張り出しを持つ緑の桁橋、蓮根橋まで来ました。

この先、右岸に旧河道の名残である、湾入状の水面を見てしばらく行けば、先ほどから看板で連呼されている、舟渡大橋です。
さて、行こか戻ろか…まさに思案橋ですな。
撮影地点のYahoo地図

FI2099938_2E.jpg蓮根橋をくぐって、上流側を見渡すと、左岸にちらほらと釣り人の影が…。
画像で確認していただけないのが残念ですが、遠方にも何本か、釣竿が見えます。萎えたやる気で、これを避けて行くのは、ちょっとツラくなってきました。
加えて寒さも堪えてくるし…。

う~ん、川が逃げるわけじゃなし、こちらも他日を期すことにしますか……。

FI2099938_3E.jpg帰路は隅田川を利用しました。
午後2時を過ぎると、陽はますますか細くなり、寒さもいや増します。ここは早く帰港して、暖かいものでも口にしたいと、自然と駆け足となってしまいました。

特に垂直護岸のところでは、遠慮はいらないとばかりに、普段の微速航行主義はどこへやら、もう飛ばす飛ばす。といっても、早くて実質12ノット程度、親水護岸や釣り人さんのいるところでは、もちろん徐航はしていますが。
当然ながら、高速で走っている分、ますます寒くなり、3人ともすっかり無言です。前席に座る私ですら、風を避けて頭を低くしていたのですが、ふと、後ろを振り返ると、風をまともに顔に受けつつ、I君が文字通り「涼しい顔」で仁王立ちに…。
正直、その丈夫な身体がうらやましい!

写真は、王子神谷近くの新田橋です。なぜか、飄々とした感じのする桁橋で、脚立のような橋脚を履いた姿が気に入り、通るたびに撮影してしまいます。
撮影地点のYahoo地図

(17年11月13日撮影)

(『旧綾瀬川…1』につづく)

新河岸川…3

FI2099887_0E.jpg(『新河岸川…2』のつづき)
新河岸大橋手前の左岸に、小豆沢の水上バスのりばが見えてきました。釣り人さんが次第に多くなってきたので、左岸から距離を取って、ゆっくり進みます。
しかし…まだ午後2時前だというのに、心なしか、陽射しが弱々しくなってきたようで、寒くてたまりません。「秋の日はつるべ落とし」という諺を、身をもって確かめたような形です。
特にこのあたり、木立と建物で、日陰が多いところなので、無風でも冷気が川面にサアッと下りてきて、震えあがります。座っているとなおさらツライので、3人とも、立っていることが多くなりました。

下の写真は、新河岸大橋下に立っていた、お知らせの看板です。
理由は解りませんが、舟渡大橋から先は、通航禁止のようですね。以前、クルマで通ったときに、何度か見た限りでは、笹目橋付近まで充分航行できそうな雰囲気でしたので、この看板を見て、かなりヤル気が殺がれてしまいました。う~ん。

FI2099887_1E.jpg新河岸大橋の上流側には、浚渫機材を備えたバージが、ダルマ船とともに碇泊していました。日曜日ということもあり、人気はありません。今回新河岸川の川面で見かけた、唯一のフネです。
行き合い船もなく、かつ無風で、街の喧騒から一段低い位置にある水面は、まことに静か。さざなみ一つない水面を、ゆるゆるかき分けてゆくのは、実にいい気分です。もちろん、釣り糸を引っ掛けないように、警戒しつつの航行ですが…。

そして、しつこいようですが、寒いです。たとえデッドスローでも、自艇の速力分の風が容赦なく暴露部の体温を奪ってゆきます。体はとにかく、手がかじかんできました。

FI2099887_2E.jpgこういう形式を何と呼べばいいのでしょうか、下路式の桁を持つアーチ、新河岸橋にさしかかりました。

遠くから見ていて、橋の上に、動かない人影が、いくつかあるのは解っていたのですが、I君に「アレ、釣りしてるんじゃないですか?!」と言われて、一挙に緊張しました。近づいてみると、まさにそのとおりで、しゃがんでいる人もいたため、川の中央に垂れる釣り糸は思ったよりも多く、5本を下らなそうです。
しかも、ほとんどの人が、上流側を向いているので、接近しても我々に気付かないのです。
大声で通過を告げつつ、ぎりぎりまで左に寄せて、なんとかかわしました。通過しながら、「すいませんでした!」と挨拶して、遠ざかる我々の背中に、橋の上からの話し声が…。
「警察なんじゃないか?」
そ、そう見えますか?
撮影地点のYahoo地図

FI2099887_3E.jpg人道橋、平成橋を過ぎると、頻繁にクルマの通る桁橋が見えてきました。国道17号線の志村橋です。右にまっすぐ行けば、戸田橋で荒川を渡るのですね。

親水歩道の類が、見えなくなって久しいのですが、両岸の土手には、むしろ雑草の茂みがあったほうが落ち着くのでしょう、釣り人の姿が絶えません。
川幅も狭くなってきたので、再び新芝川と同様の、妙な緊張感がよみがえってきました。

東京湾や相模湾を縦断するときの、白い波頭の三角波を乗り越えてゆく緊張感、江戸川中流部の、浅瀬でプロペラをやられるかもしれない緊張感…ささやかながら、いままでいくつか、木っ端ブネならではの「張り詰めた場面」を経験してきました。
どれも、その最中にいる時は、つらくてしょうがないのですが、いざ抜けてみると、爽やかなまでの達成感があったことも、事実です。
釣竿の並ぶ中を航行するのは、幾度となく経験しましたが、こればかりは、何度経験しても、達成感はありませんし(当たり前ですか?)、ホントに苦手です。こちらが気をつけてはいても、なにかあったときは、やはり、相手が人だけに、難しい面がありますのでねえ…。
撮影地点のYahoo地図

(17年11月13日撮影)

(『新河岸川…4』につづく)