FC2ブログ

待ち遠しいのですが

FI1668892_0E.jpg荒川閘門(この呼び方で慣れてしまったので、今後も通称でまいりますデス。)の工事中の様子を記録しておこうと、閘室下流側から撮影したものです。

今までの写真ですと、もう完成間近な雰囲気でしたが、ちょっとアングルを変えると、いかにも工事中、といった雑然とした風景になりますね。
まだまだ周辺の整備や、細かい仕上げが残っているのでしょう。
訪問時は日曜日でしたので、もちろん工事はお休みでした。

FI1668892_1E.jpg「小松川閘門」が正式名称である証拠物件?として、施工業者や工事期間を記した看板を撮影しておきました。
業者さんの名前や連絡先は、なんとなくマズそうなので隠しておきましたが、公共工事ですから、どこかで公表されているのかも。
(それを言うなら、看板に書くことが既に公表だろうと…)

ここに書いてあるとおり、今年の9月30日に完成するのでしょうか。
「小松川閘門ゲート設備(その2)工事」の「その2」という部分が気になりますねえ。
9月30日に完成するのは「その2」で、そのあとに「その3」が控えていて、完成が延びそうな感じもするのですが、うがち過ぎかな?
スポンサーサイト



「新」小松川閘門

FI1665221_0E.jpg以前から間近で見てみたかった、荒川閘門まで歩いてきました。
船番所資料館から、歩いて10分ほどの距離です。

近くで仰ぎ見る閘門は、まさに「聳え立つ」という言葉がピッタリ来る、堂々たるもので、茶色に象牙色のストライプという色使いも好ましく、その風格は、パリの凱旋門に勝るとも劣らないように感じました。
あまり誉め過ぎると、ひいきの引き倒しになるかな…。

FI1665221_1E.jpg堤防の上の道は、閘室を橋で渡っています。
その橋の上から、まだ注水していない閘室を、のぞき込んでみたところです。
ウ~ン、思ったよりずっと大きい!
排水量1000トンくらいのフネも、納まりそうな感じです。

旧中川と荒川の水位差は、約3メートルに及ぶこともあると聞き、「なんぼなんでも、そんなに差はないだろう」とたかをくくっていたのですが、この大きさを見ると、なるほどと頷かされました。

FI1665221_2E.jpg閘門南側、小名木川排水機場の水門を入れて撮影しました。
この水門の場所には、かつて小名木川閘門があったのですが、地盤沈下により使用できなくなったため、旧小松川閘門より早く廃止され、排水機場となりました。

しかし、隣接して二つの閘門があったとは、小名木川や中川は、よほど輻輳した水路だったのでしょうね。
上りと下りを、分けていたりしていたのでしょうか?

FI1665221_3E.jpgこちらも閘門とデザインをお揃いにした、どこか古風な感じの管理施設です。
「荒川ロックゲート管理棟」と表札にありました。

「荒川ロックゲート」と、この表札にも、また貰ったパンフレットや、紹介サイトにも書かれていたので、今まで、なんとはなしに「荒川閘門」(『ロックゲート』と呼ぶのって、なんか恥ずかしかったので…)と呼んでいたのですが、なんと、国土交通省での呼称は「小松川閘門」と言うのだそうです…。

現地に行って、工事現場の看板を見ると、どこにも「荒川ロックゲート」「荒川閘門」の文字はなく、「小松川閘門周辺整備工事」「小松川閘門ゲート設備工事」の表記ばかり。
おかしいな、と思って調べると、こちらに「小松川閘門新設工事(荒川ロックゲート)」とあるではありませんか。

浅学を恥じるとともに、30年あまりを経て、同じ地にふたたび「小松川閘門」がまみえようとは…。
旧小松川閘門に心あらば、どのような感慨をもよおすでしょうか。

(追記…しかし、完成はいつなのでしょうか。現場の看板を見ると、工期は本年9月までとなっていましたが、上記のサイトでは、平成15年度とありました。はて?)

旧小松川閘門

FI1665093_0E.jpg資料館を見終えて、次は荒川閘門を見てみようと、旧中川を渡り、公園になっているスーパー堤防の上に登ると、かつての小松川閘門の片割れが、埋もれつつも、フェンスに囲まれて保存されているのが見えてきました。

旧小松川閘門は、昭和5年に通船開始し、昭和51年に用途廃止となりました。先日紹介した松重閘門は、昭和7年の完成ですから、同世代ということになりますね。このころの建造物は、なぜかみな装飾過多で、古びてくるとなかなか味わいのあるものです。

FI1665093_1E.jpg中央の屋根がふかれた部分には、巻上げ機らしきものも残り、周囲には厳重にフェンスをめぐらせてあるので、保存には違いないのでしょうが、写真のように草ぼうぼうのところもあり、まるで西洋の古城のようです。

一般の人が見ても、大半を土の中に沈めた姿から、「水門」の姿を想像するのは、ちょっと難しいかもしれません。


FI1665093_2E.jpgフェンスの中には、近年立てられたと思しき説明板も設けられています。

なぜか廃止年が記されておらず、文末の「残された部分を大切に保存して周辺地域の移り変わりを伝えるのに役立てる予定です」という、含みを持たせた書き方もなんだか妙で、保存する気があるのか、ないのかわからないのが印象的でした。

上にも書いたように、埋もれた姿からは、一般の方は、構造すら想像しにくいので、現役時代の写真でも掲載するとよいように思うのですが。


(追記・…と書いてから思い出したのですが、現役時代の写真、この説明書きの上に掲げられていた気が…。写真を撮るのを忘れたので確証が持てません。お恥ずかしいです。ご教示下さい!)

旧小松川閘門のYahoo地図

中川船番所資料館

FI1664989_0E.jpg去る7月24日は、午後になって時間が空き、艇を出すにはちょっと遅かったので、かねてから見たかった江東区・中川船番所資料館と、荒川閘門に行ってみました。

この資料館は、かつての幹線運河・小名木川が、旧中川に交わる地点の河畔にあり、江戸時代の船番所があったとされる地に建てられた、水運と釣り文化の博物館です。

船番所の再現ジオラマや、江戸以来の見事な釣具などの展示を見て回り、最後は例によって、ここでしか手に入らない書籍類を大人買い…。

FI1664989_1E.jpg資料館の前は、旧中川の河川敷公園です。
家族や仲間とバーベキューをしつつ語らう人、親子でフリスビーに興じる人と、なかなかのにぎわいです。

画面遠方中央に、以前紹介した、建設中の荒川閘門(ロックゲート)の旧中川口水門が見えます。


FI1664989_2E.jpg川原に下りて、釣りをする人に混じって、水面をのぞき込んでみました。

このあたりは汽水というよりは、ほとんど海水に近いらしく、杭にはカラスガイが群生しています。
水は意外なほど澄んでいて、浅い岸の川底に、たくさんのハゼや、カニが元気よく動き回っているのが見えました。

おそらく都内の河川では、もっとも水が澄んでいるのではないでしょうか。
荒川開削のおかげで、東西に分断されてしまった旧中川ですが、こちらの旧中川は、出入り口を排水機場で塞がれた、言わば細長い池となったわけです。

閘門が完成したら、自艇でぜひ通過してみたいと思っていますし、ふたたび通船が活発になるのはいいのですが、この澄んだ水と元気な魚たちを見ると、フネのウェーキでかきまわすのが、なんだかためらわれてきました。

中川船番所資料館のサイト

いや、しかし

FI1640659_0E.jpgすごい地震でしたね!
東京は震度5弱とのことです。

お客様と一緒にいたのですが、柄にもなく、思わず非難誘導してしまいました。
皆さんはお怪我などありませんでしたか。

我ながら、どうしょうもない更新のしかただと思いますです…。

(写真は京成線荒川橋梁)