FC2ブログ
花畑運河

花畑運河を走る…3

(『花畑運河を走る…2』のつづき)くぐれないとあれば、ここはいったん撤退するほかありますまい。桜木橋は、平成に入ってから改架されたそうですが、おそらく先代の橋は、今のように平らではなく、舟航を考えて桁下高を取った、中高の橋だったのではないでしょうか。この桁下高の低さを見ると、運河としての機能が、かえりみられなくなって久しいことを、痛感させられます。 撤退するといっても、帰るわけではありません。今は干...(2009/01/04 Sun 19:49)

花畑運河を走る…2

(『花畑運河を走る…1』のつづき)橋と水門に挟まれた、狭い空間から上を見上げると…。水門の柵には、小物がところ狭しと取り付けられていて、ずいぶん賑やかですね。信号二つ、照明つきカメラ三つ、掲示板、スピーカー、ライト、それにアンテナか何か…、水門が小型なので、余計そう思えるのかもしれません。さて、水門の向こうは、どんな眺めなのでしょう。 水門を出た直後に、目線を吸い寄せられたのが、水門の右手にもやってい...(2009/01/03 Sat 19:42)

花畑運河を走る…1

(『20年度川走り納め…4』のつづき)で、なぜ中川を上って来たかと申しますと、未踏破区間である、花畑運河(現在の名称は『花畑川』ですが、ここはあえて、竣工時の呼び名にこだわってみたい気持ちです)を、走ってみたいと思ったからです。前回(過去の記事『中川…4』参照)訪れたときは、六ツ木水門の両脇に居並ぶ、たくさんの釣り人さんたちに睨みつけられて断念しましたが、今回は釣り人さんの数もグッと少なく、写真左側に一...(2009/01/02 Fri 19:31)

20年度川走り納め…4

(『20年度川走り納め…3』のつづき)さらに遡上、国道6号線、中川大橋の下流まで来ると…、うおお、本日5隻目の独航艀! うひょひょう!今度は右側に避けられそうなので、艇を岸に寄せて停止、彼が橋をかわすのを待つことに。下航船優先の決まりにも沿っているし、ゆっくりサイドビューを堪能することができますから、一石二鳥というものです。【撮影地点のMapion地図】 こちらの意を汲んでくれたのか、はたまた酔狂な遊びブネを面...(2009/01/01 Thu 18:57)

中川…4

(『中川…3』のつづき)たくさんのボートに、行き合い、追い越されつつ、爽快かつ賑やかな川面を、ゆっくり遡上します。しかし、皆さんお飛ばしになる(笑)。岸には、釣り人さんの姿もちらほら見えるのですが、川幅も広く、繋留船の少ないこのあたりは、気遣い無用とばかりにプレーニングしてきます。まあ、今や東京付近の川も、景観は整備された反面、フネにとっては、色々と世知辛くなってきましたので、せめてこのあたりだけは...(2007/06/09 Sat 22:58)
FC2 Management